新着情報
space
  2022 2021 2021  
space

2021.10.22 アスタナ移籍情報

ヴィンチェンツォ・ニバリの弟、アントニオ・ニバリと、U23カザフスタン国内選手権2021 U23ロードレースチャンピオンのNurbergen Nurlykhassymを含む6人の加入が決定しました。


加入が決定した選手:( )内は、移籍元
 アントニオ・ニバリ(トレック・セガブレード)
 ヴァレリオ・コンティ(UAE チーム・エミレーツ)
 アレクサンドル・リアブシェンコ(UAE チーム・エミレーツ)
 シモーネ・ヴェラスコ(ガスプロム・ルスヴェロ)
 Michele Gazzoli(チーム コルパック・バラン)
 Nurbergen Nurlykhassym(ヴィノ・アスタナモータース)


ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.10.18 ヴェネト・クラシック 2021:サムエーレ・バッティステッラ 優勝!

ヴェネト・クラシックspace Cycling Canada Cyclisme

クラシックレーサーとして名を馳せた、元イタリアチャンピオン、フィリッポポッツァートが地元のヴェネトで主催するレースイベント「RIDE THE DREAMLAND(ライド・ザ・ドリームランド)」のひとつ、「ヴェネト・クラシック 2021」がイタリア北部ヴェネトで開催され、参戦したアスタナ・プレミアテックのサムエーレ・バッティステッラ優勝しました。


ヴェネト・クラシック 2021
(ヴェネツィア~バッサーノ・デル・グラッパ 206.5km)
➤ YouTube | Veneto Classic 2021 Last 7km
優勝 サムエーレ・バッティステッラ 5時間1分49秒
2位 マルク・ヒルシ(UAEチーム・エミネーツ) +6秒
3位 ヨナタン・レストレポ(アンドローニ・ジョカットーリ・シデルメク) +6秒

Lutsenko Lutsenko Lutsenko
space

VENETO CLASSIC(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.10.16 アスタナ移籍情報

先日の4人の選手加入に続き、2人の有力選手の加入、さらに"スーパーマン"こと、ミゲルアンヘル・ロペスの復帰が決定しました。


加入が決定した選手:( )内は、移籍元
 ミゲルアンヘル・ロペス(モビスター)
 セバスティアン・エナオ(イネオス・グラナディアーズ)
 レオナルド・バッソ(イネオス・グラナディアーズ)

space
ASATANA ASATANA ASATANA ASATANA ASATANA
space

移籍する選手:( )内は、移籍先
 ヤコブ・フルサン(イスラエル・スタートアップネイション)
 ユーゴ・ウル(イスラエル・スタートアップネイション)
 ルイスレオン・サンチェス(バーレーン・ヴィクトリアス)


ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.10.16 セレニッシマ・グラベル 2021:アレクセイ・ルツェンコ 優勝!

セレニッシマ・グラベルspace SERENISSIMA GRAVEL

15日、イタリア北部ヴェネトで、ヴェネト出身のフィリッポ・ポッツァート主催のレースイベント「RIDE THE DREAMLAND(ライド・ザ・ドリームランド)」のひとつ、グラベルレース「セレニッシマ・グラベル 2021」が初開催され、参戦したアスタナの・プレミアテックのアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)が優勝しました。


この日、初披露となった新モデルのレーシンググラベルロードバイク、RAVE SLR(レイブ エスエルアール)を使用し、2位に42秒差をつけての圧勝!


セレニッシマ・グラベル 2021
(リド・ディ・イエゾロ~ピアッツォーラ・スル・ブレンタ 132km)
優勝 アレクセイ・ルツェンコ 3時間24分14秒
2位 リカルド・ミナーリ(アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ) +42秒
3位 ネイサン・ハース(コフィディス・ソリュシオンクレディ) +42秒

Lutsenko Lutsenko Lutsenko
Lutsenko Lutsenko Lutsenko
space

SERENISSIMA GRAVEL(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.10.12 コッパ・アゴストーニ 2021:アレクセイ・ルツェンコ 優勝!

コッパ・アゴストーニspace Cycling Canada Cyclisme

11日、イタリア北部のロンバルディア州、州都ミラノの近郊、リッソーネで開催されたワンデーレース「コッパ・アゴストーニ 2021」に参戦したアスタナ・プレミアテックのアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)が優勝しました。


コッパ・アゴストーニ - ジロ・デッレ・ブリアンゼ 2021
(リッソーネ~リッソーネ 180km)
➤ YouTube | Ciclismo - Coppa Agostoni 2021

Lutsenko Lutsenko Lutsenko
space

Coppa Agostoni(伊語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.10.10 アスタナが「アスタナ・カザフスタン・チーム」に名称変更

space エリトリア国内選手権2021 タイムトライアル:メルハウィ・クドゥス 金メダル!space

8日、チーム名が2022年から「ASTANA QAZAQSTAN TEAM(アスタナ・カザフスタン・チーム)」に変更することが発表されました。


国際的表記だと、カザフスタンは「Kazakhstan」だけど、英語での発音は「クァザクスタン」に近い発音で、その発音に合わせた綴りにしているとのこと。
JAPAN = 日本 = NIPPON みたいな感じか?
ちなみに、カザフスタンの国営テレビ放送局も同じ綴りのQAZAQSTAN.。


ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.10.09 アスタナ移籍情報

先日のヴィンチェンツォ・ニバリの復帰のニュースに、当店スタッフ一同、久しぶりにアスタナのネタで大いに盛り上がりました。


そのニバリに続き、強力な選手の加入が決定しました。
加入が決定した選手:( )内は、移籍元
 ヴィンチェンツォ・ニバリ(トレック・セガブレード)
 ジャンニ・モスコン(イネオス・グラナディアーズ)
 ダビデ・デラクルス(UAE チーム・エミレーツ)
 ジョセフロイド・ドンブロウスキー(UAE チーム・エミレーツ)
とかなり豪華なメンバー。これにモビスターと契約が切れたミゲルアンヘル・ロペスが戻ってくれば、確実に今年よりも勝てるチームになりそう。

space
ASATANA ASATANA ASATANA ASATANA
space

移籍する選手:( )内は、移籍先
 アレクサンドル・ウラソフ(ボーラ・ハンスグローエ)
 アレックス・アランブル(モビスター)
 オスカル・ロドリゲス(モビスター)
 ゴルカ・イサギレ(モビスター)
 ヨン・イサギレ(コフィディス・ソリュシオンクレディ)
移籍してしまう選手の中には、お気に入りの選手もいたので少々残念な気もしますが、そこは、プロスポーツ。強くなるために、活躍するために、生き残るために移籍は仕方ない。


ヤコブ・フルサン、ルイスレオン・サンチェスなどのベテランたちは…


ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.09.24 ヴィンチェンツォ・ニバリ アスタナに帰還!

ASTANA

昨日、アスタナ・プレミアテックがヴィンチェンツォ・ニバリとの契約を発表しました。


ニバリは、2013年から2016年にかけてアスタナに在籍し、すべてのグランツール(ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャ)を制した史上6人目の選手。
さらに3大ツールに加え、高い権威を持つクラシックレース、5大モニュメントのうち2つをも制した史上4人目の選手で、100年を有に超える自転車競技史の中でも極めて優れた真のチャンピオンです。


来シーズンは、ニバリ、ルツェンコ、復帰が実現しそうなロペスの3人のエースの活躍に大いに期待します!
ウィリエールは、ニバリのスペシャルバイクを作ってくれないかな…


Arctic Race of Norway(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.09.16 カナダ国内選手権2021 タイムトライアル:ユーゴ・ウル 金メダル!

カナダ国内選手権2021 タイムトライアル:ユーゴ・ウル 金メダル!space Cycling Canada Cyclisme

10日、カナダ東部のケベック州シャディエール=アパラッシュ地方で開催された「カナダ国内選手権2021」の男子エリート個人タイムトライアルに参戦したアスタナ・プレミアテックのユーゴ・ウル優勝! 金メダルを獲得しました。


(サン=プロスパー~サン=プロスパー 34km)
優勝 ユーゴ・ウル 41分48秒
2位 アレキサンダー・コワン +1分40秒
3位 デレク・ギー +1分45秒


スポンサーの撤退、書く記事が全く無い結果だったブエルタ、複数の選手の移籍報道等々、楽しくない話題ばかりの最近のアスタナ…。
そんな中、ルツェンコの契約更新、マッテオ・ソブレロのヨーロッパ選手権男女混合タイムトライアルリレー(ミックスリレー)での金メダル、さらにこのニュース。
今年、アスタナは、国内選手権タイムトライアル4ヶ国制覇。頑張れアスタナ!!

MATTEO MATTEO MATTEO
space

Cycling Canada Cyclisme(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.08.16 フロット・プライス・ジェフ・シェーレン:トタルエネルジーズ 優勝!

Grote Prijs Jef Scherens

8月15日、ベルギー中部、ブラバント州の都市ルーヴェンで開催されたワンデーレース「フロット・プライス・ジェフ・シェーレン」にトタルエネルジーズが参戦し、ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)がスプリントを制し優勝しました。


フロット・プライス・ジェフ・シェーレン 2021
(ルーヴェン~ルーヴェン 190km)
➤ YouTube | Grote Prijs Jef Scherens Rondom Leuven 2021

Niccolò Bonifazio Niccolò Bonifazio Niccolò Bonifazio
space

Grote Prijs Jef Scherens - Rondom Leuven(蘭語)

space

TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.08.14 アスタナ・プレミアテック:ブエルタ・ア・エスパーニャ出場メンバー

ツール・ド・フランス出場メンバーspace Fédération Française de Cyclisme

本日開催される「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の出場メンバーをご紹介。


《出場メンバー》
31. アレクサンドル・ウラソフ Aleksandr VLASOV(ロシア)
32. アレクサンデル・アランブル Alexander ARANBURU(スペイン)
33. オマール・フライレ Omar FRAILE(スペイン)
34. ゴルカ・イサギレ Gorka IZAGIRRE(スペイン)
35. ヨン・イサギレ Ion IZAGIRRE(スペイン)
36. ユリー・ナタロフ Yuriy NATAROV(カザフスタン)
37. オスカー・ロドリゲス Óscar RODRÍGUEZ(スペイン)
38. ルイスレオン・サンチェス Luis León SÁNCHEZ(スペイン)


La Vuelta Ciclista a España(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

space

J SPORTS - ツール・ド・フランス | スタートリスト

2021.08.09 アークティック・レース・オブ・ノルウェー:アスタナ チーム総合優勝

ADRIATICA IONICA RACE
ASTANA

5~8日の4日間、ルウェー北部を舞台に行われたステージレース「アークティック・レース・オブ・ノルウェー」に、アスタナ・プレミアテック、トタルエネルジーズの両チームが参戦しました。


アスタナの結果は、2019年のU23ロードレース世界王者サムエーレ・バッティステッラ(イタリア)が個人総合4位で、ヤングライダー賞受賞
次いで、ステファン・デボッド(南アフリカ)が11位、ファビオ・フェリーネ(イタリア)が16位と健闘し、チーム総合優勝を飾りました。
トタルは、、マチュー・ビュルゴドー(フランス)がチームトップの個人総合13位に。
個人総合優勝は、イスラエル・スタートアップネーションのベン・ヘルマンス。


▼ アークティック・レース・オブ・ノルウェー 2021

 第1ステージ(トロムソ~トロムソ 142.4km)
  APT:11位 サムエーレ・バッティステッラ/ TEN:14位 ドリス・ファンゲステル
 第2ステージ(ノールヒョースボットン~キルピスヤルビ 177.6km)
  APT:15位 エフゲニー・ギディッチ/ TEN:9位 エドヴァルド・ボアソン・ハーゲン
 第3ステージ(フィンスネス~マルセルヴ 184.5km)
  APT:4位 サムエーレ・バッティステッラ/ TEN:17位 マチュー・ビュルゴドー
 最終ステージ(グラタンゲン~ハーシュタ 163.5km)
  APT:14位 サムエーレ・バッティステッラ/ TEN:2位 ニキ・テルプストラ
space

Arctic Race of Norway(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.08.01 プルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ:アスタナ 優勝!

サンチェス勝利space
Fédération Française de Cyclisme
ルイスレオン・サンチェス

少々遅くなりましたが…
7月25日、日本では東京2020オリンピック 男子ロードレースが開催された同日、スペインのバスク地方で開催されたUCIヨーロッパツアー「プルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ」に参戦したアスタナのルイスレオン・サンチェスがスプリントを制し優勝しました。


プルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ
(オルディシア~オルディシア 165.7km)
➤ YouTube | 98 Prueba Villafranca / 98. Ordiziako Klasika


アスタナは、サンチェスに次いで、オスカー・ロドリゲスが6位に、トタルエネルジーズは、ジュリアン・シモンが9位。


Prueba Villafranca - Ordiziako Klasika(西語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)

space

TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.07.28 アスタナ・プレミアテック:東京2020オリンピック 男子個人TT結果

東京2020オリンピック」の男子個人タイメトライアル、アスタナ・プレミアテックの選手の結果。


13位 ユーゴ・ウル(カナダ)
14位 ステファン・デボッド(南アフリカ)
20位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
32位 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
DNF ヨン・イサギレ(スペイン)


まずまずの結果…
今回も実況&解説無し。
金メダルは、スロベニアのログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)。
銀メダルは、オランダのデュムラン(ユンボ・ヴィズマ)。銅メダルは、オーストラリアのデニス。


東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト

space

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会|東京都ポータルサイト

space

gorin.jp 民放オリンピック公式動画サイト

2021.07.27 アスタナ・プレミアテック:東京2020オリンピック 男子個人TT出場選手

28日に開催される「東京2020オリンピック」の男子個人タイムトライアルに出場するアスタナ・プレミアテックの選手を纏めてみました。
変更になる可能性はありますが、現時点での出場選手は、以下のとおりです。


《アスタナ・プレミアテック出場選手》
■ロシア・オリンピック委員会
 アレクサンドル・ウラソフ Aleksandr VLASOV
■スペイン
 ヨン・イサギレ Ion IZAGIRRE INSAUSTI
■カザフスタン
 アレクセイ・ルツェンコ Alexey LUTSENKO
■カナダ
 ユーゴ・ウル Hugo HOULE
■南アフリカ
 ステファン・デボッド Stefan DE BOD


東京2020オリンピック競技大会|自転車競技(ロード)

2021.07.26 アスタナ・プレミアテック:東京2020オリンピック 男子ロードレース結果

東京2020オリンピック」の男子ロードレース、アスタナ・プレミアテックの選手の結果。


12位 ヤコブ・フルサン(オランダ)
21位 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
23位 ゴルカ・イサギレ(スペイン)
52位 ステファン・デボッド(南アフリカ)
55位 メルハウィ・クドゥス(エリトリア)
59位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
79位 ヨン・イサギレ(スペイン)
85位 ユーゴ・ウル(カナダ)
DNF オマール・フライレ(スペイン)
DNF ドミトリー・グルズジェフ(カザフスタン)
DNF ヴァディム・プロンスキー(カザフスタン)


残念な結果でした…
さすがに実況も解説も無しで、6時間も見続けるのは辛かった。
金メダルは、エクアドルのカラパス。
銀メダルは、ベルギーのファンアールト。銅メダルは、スルベニアのポガチャル。


東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト

space

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会|東京都ポータルサイト

space

gorin.jp 民放オリンピック公式動画サイト

2021.07.23 東京2020オリンピック ロードレース&タイムトライアル 放送予定

東京2020オリンピック」のロードレース個人タイムトライアルの放送予定を調べてみました。


NHK及び民放テレビでのライブ放送は無く、民放テレビ局のオリンピック公式動画サイト「gorin.jp」での配信のみのようで、実況も解説も無いとか…。
NHKでは、開催日の翌日に1時間のダイジェストのみ放送するとのことです。


《 gorin.jpライブ配信予定 》
男子ロードレース:7月24日 10:50~18:18(中継URL
■女子ロードレース:7月25日 12:50~17:38(中継URL
男子・女子個人タイムトライアル決勝:7月28日 11:25~13:03(中継URL


※放送日時等は変更・変動する場合があります。
※gorin.jpにアクセスした際、民放のため広告が表示される場合があります。


東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト

space

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会|東京都ポータルサイト

space

gorin.jp 民放オリンピック公式動画サイト

2021.07.21 ツール・ド・フランス ③ 閉幕

Fédération Française de Cyclisme

開幕早々の事故や頻発する落車、難コースに加え、不安定な天候と寒さ・暑さ、多くの有力選手のリアタイアなど、例年以上に過酷そうだった「ツール・ド・フランス」が終わった。


残念ながら、アスタナも、トタルも目立った成績は残せなかったものの、アスタナは、8人中7人が無事完走。
オリンピック出場予定選手は、ケガが無くてなにより…。


総合優勝は、巷の予想(期待)通り、"新スーパースター"ポガチャルの手に。
結局、この勢いに勝てる選手はいなかった。某常勝チームですら、データ戦術もチーム戦術も全く通用せず1勝もできなかった。
有力チームも為す術無し…。ポガチャル、ヴィンゲゴー、マチュー、ファンアールト、最後まで目の離せない面白いツールだった。


▼ ツール・ド・フランス 2021:第16~最終ステージ

 第16ステージ(パス・ダ・ラ・カザ〜サン=ゴーダンス 169km)
  APT:6位 アレクサンデル・アランブル/ TEN:11位 ファビアン・ドゥビー
 第17ステージ(ミュレ〜サン=ラリ=スラン コル・デュ・ポルテ 178.4km)
  APT:12位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:35位 アントニー・テュルジス
 第18ステージ(ポー〜リュ・ザルディダン 129.7km)
  APT:13位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:26位 クリスチャン・ロドリゲス
 第19ステージ(ムランクス〜リブルヌ 207km)
  APT:18位 ヨン・イサギレ/ TEN:9位 アントニー・テュルジス
 第20ステージ(リブルヌ〜サン=テミリオン 30.8km 個人TT)
  APT:16位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:35位 ピエール・ラトゥール
 最終ステージ(シャトゥ〜パリ シャンゼリゼ 108.4km)
  APT:8位 アレクサンデル・アランブル/ TEN:24位 ジュリアン・シモン
space

アスタナは、ルツェンコ個人総合7位(+7分1秒)。チーム総合8位


TOUR de FRANCE(英語) ツール・ド・フランス - J SPORTS  シクロワイアード

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.07.14 アスタナ・プレミアテック:東京2020オリンピック ロードレース出場選手

24日に開催される「東京2020オリンピック」の男子ロードレースに出場するアスタナ・プレミアテックの選手を纏めてみました。
変更になる可能性はありますが、現時点での出場選手は、以下のとおりです。


《アスタナ・プレミアテック出場選手》
■デンマーク
 ヤコブ・フルサン Jakob FUGLSANG(2016リオデジャネイロ五輪 銀メダル
■スペイン
 ヨン・イサギレ Ion IZAGIRRE INSAUSTI
 ゴルカ・イサギレ Gorka IZAGIRRE INSAUSTI
 オマール・フライレ Omar FRAILE MATARRANZ
■カザフスタン
 アレクセイ・ルツェンコ Alexey LUTSENKO
 ドミトリー・グルズジェフ Dmitriy GRUZDEV
 ヴァディム・プロンスキー Vadim PRONSKIY
■カナダ
 ユーゴ・ウル Hugo HOULE
■ロシア・オリンピック委員会
 アレクサンドル・ウラソフ Aleksandr VLASOV
■南アフリカ
 ステファン・デボッド Stefan DE BOD
■エリトリア
 メルハウィ・クドゥス Merhawi KUDUS


東京2020オリンピック競技大会|自転車競技(ロード)

2021.07.06 ツール・ド・フランス ①

Fédération Française de Cyclisme

まだまだ「ツール・ド・フランス」。
残念ながら、アスタナも、トタルも目立った活躍無し。
ヨン・イサギレが、第8ステージで2位になったのが、これまでで最高成績…
レースよりも気になっているのが、ツール・ド・フランス開幕直前に突然クビになったゼネラルマネージャーのアレクサンドル・ヴィノクロフ氏の件。
ヴィノクロフ氏って、カザフスタンの自転車競技の英雄で、カザフスタン共和国軍から名誉大佐の勲章を贈られているほどの大物なのに何故クビに? アスタナは、何か変わるのか? プレミアテックがメインスポンサーになって登録国をカナダに変えるとか? ニバリが来シーズン、アスタナに戻るってのもどこかで見たか聞いたかしたような気も…。
それと、来シーズン、サガンがトタルに移籍するとかしないとか…


▼ ツール・ド・フランス 2021:第10~14ステージ

 第10ステージ(アルベールヴィル〜ヴァランス 190.7km)
  APT:39位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:9位 アントニー・テュルジス
 第11ステージ(ソルグ〜マロセーヌ 198.9km)
  APT:8位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:27位 クリスチャン・ロドリゲス
 第12ステージ(サン=ポール=トロワ=シャトー〜ニーム 159.4km)
  APT:26位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:12位 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン
 第13ステージ(ニーム〜カルカッソンヌ 219.9km)
  APT:6位 アレクサンデル・アランブル/ TEN:20位 アントニー・テュルジス
 第14ステージ(カルカッソンヌ〜キヤン 183.7km)
  APT:6位 オマール・フライレ/ TEN:40位 クリスチャン・ロドリゲス
 第15ステージ(セレ〜アンドラ・ラ・ベリャ 191.3km)
  APT:4位 ヨン・イサギレ/ TEN:40位 ピエール・ラトゥール
space

第15ステージを終えて、アスタナは、ルツェンコ個人総合7位(+7分1秒)。チーム総合9位


TOUR de FRANCE(英語) ツール・ド・フランス - J SPORTS  シクロワイアード

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.07.06 ツール・ド・フランス ①

Fédération Française de Cyclisme

6月26日に開幕した「ツール・ド・フランス」。
第1ステージでのマナーの悪い愚劣な観客による大事故以降、事故・落車ばかりが注目された序盤。
幸いなことにアスタナ、トタル、両チームに大きな怪我をおった選手はいないもののG・トーマス、ログリッチ、ヒルシ、サガン、ユアンなどのエース級の選手たちが、次々と落車で怪我を負いリタイアする選手が続出。
レースレイアウトが悪いのか、事故が多すぎる。


スペシャルなスプリンターを擁しないアスタナは、平地主体の序盤は、予想通り平常運転。
東京オリンピックに出場をメインに据えてるフルサンは、どうするんだ?


▼ ツール・ド・フランス 2021:第1~9ステージ

 第1ステージ(ブレスト~ランデルノー 197.8km)
  APT:21位 ヤコブ・フルサン/ TEN:25位 ピエール・ラトゥール
 第2ステージ(ペロス-ギレック~ミュール=ド=ブルターニュ・ゲルレタン 183.5km)
  APT:16位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:9位 ピエール・ラトゥール
 第3ステージ(ロリアン~ポンティヴィー 182.9km)
  APT:22位 ヤコブ・フルサン/ TEN:9位 アントニー・テュルジス
 第4ステージ(ルドン〜フジェール 150.4km)
  APT:14位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:24位 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン
 第5ステージ(シャンジェ〜ラヴァル・エスパス・マイエンヌ 27.2km 個人TT)
  APT:10位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:15位 ピエール・ラトゥール
 第6ステージ(トゥール〜シャトールー 160.6km)
  APT:50位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:19位 アントニー・テュルジス
 第7ステージ(ヴィエルゾン〜ル・クルーゾ 249.1km)
  APT:12位 ユーゴ・ウル/ TEN:22位 ピエール・ラトゥール
 第8ステージ(オヨナ〜ル・グラン=ボルナン 150.8km)
  APT:2位 ヨン・イサギレ/ TEN:47位 ビクトル・デラパルテ
 第9ステージ(クリューズ〜ティーニュ 144.9km)
  APT:15位 アレクセイ・ルツェンコ/ TEN:38位 ビクトル・デラパルテ
space

第9ステージを終えて、アスタナは、ルツェンコが個人総合8位(+6分12秒)。チーム総合4位


TOUR de FRANCE(英語) ツール・ド・フランス - J SPORTS  シクロワイアード

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.06.26 エリトリア国内選手権2021 タイムトライアル:M・クドゥス 金メダル!

エリトリア国内選手権2021 タイムトライアル:メルハウィ・クドゥス 金メダル!space

25日、アフリカ大陸北東部の国、エリトリアの首都アスマラで開催された「エリトリア国内選手権2021」の個人タイムトライアルにアスタナ・プレミアテックのメルハウィ・クドゥスが参戦し、金メダルを獲得しました。

ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.22 アスタナ・プレミアテック:ツール・ド・フランス出場メンバー発表

ツール・ド・フランス出場メンバーspace Fédération Française de Cyclisme

アスタナ。プレミアテックが、26日から開催される「ツール・ド・フランス」の出場メンバーを発表しました。


昨年のツールでステージ優勝を果たしたルツェンコ、昨年のブエルタでステージ優勝、先日のスペイン国内選手権で新たなTT王者となったイサギレ、2018年のツールでステージ優勝、スペインの新ロード王者フライレ、ベテランのフルサン、初出場のアランブルとドゥボット、中堅のホールと​グルズジェフ。
フルサンは、ツール後に東京オリンピックに出場予定なので、期待薄だけど、ルツェンコ、イサギレ、フライレのステージ優勝に期待大。


《出場メンバー》
アレクサンデル・アランブル Alexander ARANBURU(スペイン)
ステファン・デボッド Stefan DE BOD(南アフリカ)
オマール・フライレ Omar FRAILE(スペイン)
ヤコブ・フルサン Jakob FUGLSANG(デンマーク)
ドミトリー・グルズジェフ Dmitriy GRUZDEV(カザフスタン)
ユーゴ・ウル Hugo HOULE(カナダ)
ヨン・イサギレ Ion IZAGIRRE(スペイン)
アレクセイ・ルツェンコ Alexey LUTSENKO(カザフスタン)


Tour de France(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

space

J SPORTS - ツール・ド・フランス | スタートリスト

2021.06.22 トタルエネルジーズ:ツール・ド・フランス出場メンバー発表

Fédération Française de Cyclisme
TotalEnergies

トタルエネルジーズが、26日から開催される「ツール・ド・フランス」の出場メンバーを発表しました。


《出場メンバー》
ピエール・ラトゥール Pierre LATOUR(フランス)
アントニー・テュルジス Anthony TURGIS(フランス)
ビクトル・デラパルテ Víctor DE LA PARTE(スペイン)
クリスティアン・ロドリゲス Cristián RODRÍGUEZ(スペイン)
エドヴァルド・ボアッソンハーゲン Edvald BOASSON HAGEN
(ノルウェー)
ジュリアン・シモン Julien SIMON(フランス)
ファビアン・ドゥビー Fabien DOUBEY(フランス)
ジェレミー・カボット Jérémy CABOT(フランス)


個人的には、テュルジスとドゥビーは、良しとして…
ニッコロ・ボニファツィオ、ジェローム・クザン、ニキ・テルプストラ、ジョフレ・スープ、ロレンゾ・マンザンに出場してほしかった。


Tour de France(英語)

space

TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.06.21 フランス国内選手権2021 ロードレース

Fédération Française de Cyclisme
TotalEneriges

20日、フランス北東部のボージュで開催された「フランス国内選手権2021」の男子エリート個人ロードレースに、トタルエネルジーズから14人の選手が参戦しました。
(エピナル~エピナル 244.5km)


チーム名を変更により、トタル・ディレクトエネルジーのジャージを着ての最後のレース。
結果は、ドゥクーニンク・クイックステップのレミ・カヴァニャの圧勝!
トタルは、ジェレミー・カボット5位
優勝 レミ・カヴァニャ
2位 ルディ・モラール(グルパマFDJ)+58秒
3位 ダミアン・トゥゼ(AG2Rシトロエンチーム)+0秒
4位 ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)+0秒
5位 ジェレミー・カボット +0秒

15位 ファビアン・ドゥビー、19位 アントニー・テュルジス、
50位 ジュリアン・シモン


Fédération Française de Cyclisme(仏語)

space

TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.06.20 スペイン国内選手権2021 ロードレース:オマール・フライレ 金メダル!

スペイン国内選手権2021 ロードレース:オマール・フライレ 金メダル!space
Royal Spanish Cycling Federation
Omar FRAILE

本日、スペイン東部バレンシア州のアリカンテで開催された「スペイン国内選手権2021」の男子エリート ロードレースにアスタナ・プレミアテックの選手が5人参戦し、ヨン・イサギレ、ルイスレオン・サンチェスのアシストもあり、オマール・フライレ金メダルを獲得しました。


(ラ・ヌシア~ラ・ヌシア 184km)


優勝 オーマール・フライレ
2位 ヘスス・エラダ(コフィディス・S)+0秒
3位 アレクサンデル・アランブル +0秒

12位 ルイスレオン・サンチェス +28秒
14位 ヨン・イサギレ +2分9秒
102位 オスカー・ロドリゲス


この勝利で、アスタナがスペイン制覇!
サンチェスがスペインチャンピオンジャージを脱ぐのは寂しい気もするけど…
フライレのスペインチャンピオン仕様のジャージとイサギレのスペインチャンピオン仕様のスキンスーツは、いつお披露目になるんだろ??
ふたりともツールに出場なら、アスタナのウェアスポンサー、ジョルダーノは、大忙しだな。

OMAL FRAILE OMAL FRAILE OMAL FRAILE
space

Royal Spanish Cycling Federation(西語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.19 カザフスタン国内選手権2021 ロードレース:Y・フェドロフ 金メダル!

カザフスタン国内選手権2021 ロードレース:エフゲニー・フェドロフ 金メダル!space
Kazakhstan Cycling Federation
Matteo Sobrero

19日、カザフスタン北部の都市ペトロパブルで開催された「カザフスタン国内選手権2021」の男子エリート ロードレースにアスタナ・プレミアテックの選手が5人参戦し、同チームのエフゲニー・ギディッチと接戦の末、エフゲニー・フェドロフ金メダルを獲得しました。


優勝 エフゲニー・フェドロフ
2位 エフゲニー・ギディッチ +0秒
3位 アルチョム・ザハロフ +1秒
4位 ユーリ・ナタロフ +0秒
5位 グリゴリー・シュテイン
  (ヴィノ・アスタナ モータース)+20秒
1位から4位まで、アスタナ。
ルツェンコは、参戦せず。カザフの新ロード王者は、フェドロフに。


16日に開催された「カザフスタン国内選手権 個人タイムトライアル」に、アスタナの選手が参戦したものの残念ながら…2位。
優勝 ダニイル・フォミニフ(所属チーム無し)
2位 エフゲニー・フェドロフ +4秒
3位 ユーリ・ナタロフ +1分38秒
4位 ステパン・アスタフィエフ(ヴィノ・アスタナ モータース)+1分53秒
5位 アルチョム・ザハロフ +2分13秒
優勝したダニイル・フォミニフは、2019年にアジアTTチャンピンに、カザフスタンTTチャンピオンにも2度(2014年・2018年)輝いているアジア最速の男と言われていた選手。
昨シーズンまで7年間、アスタナに在籍。アスタナを辞めて、現在ノンプロ。


Kazakhstan Cycling Federation(露語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.19 イタリア国内選手権2021 タイムトライアル:M・ソブレロ 金メダル!

イタリア国内選手権2021 タイムトライアル:マッテオ・ソブレロ 金メダル!space
Federazione Ciclistica Italiana
Matteo Sobrero

18日、イタリアで開催された「イタリア国内選手権2021」の男子エリート個人タイムトライアルにアスタナ・プレミアテックから2人の選手が出場し、現世界選手権個人タイムトライアル王者フィリッポ・ガンナ(イネオス・グラネディアーズ)を破り、まさかのマッテオ・ソブレロ優勝! 金メダルを獲得しました。


(ファエンツァ~ファエンツァ 45.7km)
優勝 マッテオ・ソブレロ 58分40秒
2位 エドアルド・アッフィニ(ユンボ・ヴィスマ)+26秒
3位 マッティア・カッタネオ(D・クイックステップ)+41秒
4位 フィリッポ・ガンナ(イネオス・G)+46秒
5位 ファビオ・フェリーネ +2分20秒


これでアスタナは、国内選手権タイムトライアル3ヶ国制覇。
26日開催の「ツール・ド・フランス」に、ウラソフ、マッテオ、ヨンが出場したら、第5・第20ステージの個人タイムトライアルで、3ヶ国のナショナルチャンピオン仕様のスキンスーツの姿のアスタナが見られる!
ツール出場メンバーの発表が待ち遠しい。
ナショナルチャンピオン仕様のTTバイク「TURBINE」、Wilierは、作るのか…?


明日、20日は、イタリア、スペインともに「国内選手権 ロードレース」。
ここまできたら、アスタナの選手にロードレースのナショナルチャンピオンにもなって欲しいなぁ。

MATTEO MATTEO MATTEO
space

Federazione Ciclistica Italiana(伊語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.18 スペイン国内選手権2021 タイムトライアル:ヨン・イサギレ 金メダル!

スペイン国内選手権2021 タイムトライアル:ヨン・イサギレ 金メダル!space
Royal Spanish Cycling Federation
ION IZAGIRRE

18日、スペイン東部バレンシア州のブソットで開催された「スペイン国内選手権2021」の男子エリート個人タイムトライアルに、アスタナ・プレミアテックから4人の選手が出場し、ヨン・イサギレが2位に僅か1秒差で優勝! 金メダルを獲得しました。


(ブソット~ブソット 32.1km / 40分19秒 平均時速47.772km)


この優勝で、ウラソフ同様、26日開催の「ツール・ド・フランス」のタイムトライアルステージでは、スペイン・ナショナルチャンピオン仕様のスキンスーツのイサギレの勇姿が見られることに。
スペイン・チャンピオン仕様のTTバイク「TURBINE」、Wilierは、作るのか…?


20日に開催される「スペイン国内選手権 ロードレース」も、イサギレが勝ったら、「WILIER 0 SLR」、「FILANTE SLR」は、新たなスペイン・チャンピオン仕様に?
作って欲しいなぁ。
ヨン・イサギレは、2016年以来、2度目のスペインTTチャンピオン。2014年には、ロードでもスペインチャンピオンに。

ION IZAGIRRE ION IZAGIRRE ION IZAGIRRE
space

Royal Spanish Cycling Federation(西語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.18 フランス国内選手権2021 タイムトライアル

Fédération Française de Cyclisme

17日、フランス北東部のボージュで開催された「フランス国内選手権2021」の男子エリート個人タイムトライアル(タオン=レ=ボージュ~エピナル 45.6km)に、チーム名を変更したばかりのトタルエネルジーズから、ピエール・ラトゥールと、ジェレミー・カボが参戦しました。


結果は、ピエール・ラトゥール4位ジェレミー・カボは、7位
優勝は、グルパマ・FDJのバンジャマン・トマ。
1位、2位、3位がFDJ。
さすがフランスのUCIワールドチーム。


Fédération Française de Cyclisme(仏語)

space

TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.06.18 アドリアティカ・イオニカ・レース

ADRIATICA IONICA RACE
ASTANA

15~17日の3日間、イタリア北部で開催されたステージレース「アドリアティカ・イオニカ・レース」に、アスタナ・プレミアテックが参戦しました。


結果は、メルハウィ・クドゥス(エリトリア)が個人総合2位
次いで、3位ヴァディム・プロンスキー(カザフスタン)。
さらに、ヴァディム・プロンスキーは、ヤングライダー賞受賞。
チーム総合は、7位。
主力を欠いたメンバーで、この成績は、○。
優勝は、エオーロ・コメタのロレンツォ・フォルトゥナート。


▼ バロワーズ・ベルギー・ツアー 2021

 第1ステージ(トリエステ~アビアノ 178km)
  9位 ダヴィデ・マルティネッリ(イタリア)、27位 メルハウィ・クドゥス
 第2ステージ(ヴィットリオヴェネト~チマグラッパ 144.2km)
  2位 メルハウィ・クドゥス3位 ヴァディム・プロンスキー
 第3ステージ(フェラーラ~コマッキオ 149.5km)
  3位 ダヴィデ・マルティネッリ、13位 メルハウィ・クドゥス
space

ADRIATICA IONICA RACE(伊語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.18 ロシア国内選手権2021 タイムトライアル:A・ウラソフ 金メダル!

ロシア国内選手権2021 タイムトライアル:A・ウラソフ 金メダル!space
Russian Cycling Federation
ALEKSANDOR VLASOV[

17日、ロシアのモスクワ南西の都市ベンザで開催された「ロシア国内選手権2021」の男子エリート個人タイムトライアルに参戦したアスタナ・プレミアテックのアレクサンドル・ウラソフが2位に48秒差をつけ優勝! 金メダルを獲得しました。


(ペンザ~ペンザ 40km / 57分48秒 平均時速41.52km)


この優勝で、間もなく開催の「ツール・ド・フランス」のタイムトライアルステージでは、ロシア・ナショナルチャンピオン仕様のスキンスーツのウラソフの勇姿が見られることに。
ロシア・チャンピオン仕様のTTバイク「TURBINE」は、作られるのか…


前回出場した2019年にロードレースで、金メダルを獲得したウラソフ。
8月に開催予定の「ロシア国内選手権 ロードレース」も制して2冠達成へ!
大いに期待して応援します!!


Russian Cycling Federation(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.17 パリ~カマンベール

PARIS CAMEMBERT

15日、フランス北部のノルマンディで開催されたワンデーレース「パリ・カマンベール」に、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
チーム名変更が決定し、トタル・ディレクトエネルジーとしてチームでは最後のレース。
お馴染みのフレンチカラーのジャージも間もなく見納め。
(ポン=オードゥメール~カマンベール 210km)


結果は、ロレンゾ・マンザン(フランス)がチームトップの5位
ディレクトエネルジーは、クリスチャン・ロドリゲス(スペイン)がチームトップの5位
優勝は、AG2R・シトロエン・チームのドリアン・ゴドン。


PARIS-CAMEMBERT LEPETIT(仏語) TotalEnergies Pro Cycling team(仏語)

2021.06.16 トタル・ディレクトエネルジーがチーム名変更

TotalEnergies

ウィリエールがバイクスポンサーを務めるフランスのUCIプロチーム「トタル・ディレクトエネルジー」が、今月26日に開催する「ツール・ド・フランス」からチーム名を変更するが発表されました。
新たなチーム名は、「TotalEnergies(トタルエネルジーズ)」。


2016年に当時フランス第3位の電力・ガス供給会社であったディレクト・エネルジー社がメインスポンサーになり、チーム名がユーロップカーからディレクト・エネルジーに、2018年、現メインスポンサーのフランス石油大手トタル社がディレクト・エネルジー社を買収したことにより、チーム名がトタル・ディレクトエネルジーに、そして今回、そのトタル社が社名をトタルから"トタルエネルジーズ"へ変更したことに伴いチーム名も変更になりました。


チームジャージも一新されました。

➤ YouTube | New Names, New Colors, New Jerseys!

total Total Total
space

TotalEnergies Pro Cycling team(仏語) シクロワイアード.jp

2021.06.14 バロワーズ・ベルギー・ツアー

Belgium Tour

9~13日の5日間、自転車大国ベルギーを舞台に行われたステージレース「バロワーズ・ベルギー・ツアー」に、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。


結果は、ドリス・ファンゲステル(ベルギー)が個人総合16位。
次いで、22位にジョフレ・スープ(フランス)
チーム総合は、10位。
優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのレムコ・イヴェネプール。


▼ バロワーズ・ベルギー・ツアー 2021

 第1ステージ(ベーフェレン~マールケダル 175.3km)
  16位 ドリス・ファンゲステル、21位 ジョフレ・スープ(フランス)
 第2ステージ(クノック=ヘイスト~クノック=ヘイスト 11.2km 個人TT)
  27位 ダミアン・ゴダン(フランス)、30位 アドリアン・プティ(フランス)
 第3ステージ(ギンゲロム~スケルペンフーフェル=ジヘム 174.4km)
  10位 ニコロ・ボニファツィーノ(イタリア)、18位 ドリス・ファンゲステル
 第4ステージ(アモワール~アモワール 152.7km)
  13位 ドリス・ファンゲステル、41位 ニコロ・ボニファツィーノ
 第5ステージ(トゥルンホウト~ベリンゲン 178.7km)
  8位 ニコロ・ボニファツィーノ、21位 ジョフレ・スープ
space

Baloise Belgium Tour(仏語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.06.14 ラ・ルート・ドクシタニー:アスタナ チーム総合優勝

TOUR DE SUISSE

「クリテリウム・デュ・ドーフィネ」同様に、「ツール・ド・フランス」の前哨戦と言われるステージレース「ラ・ルート・ドクシタニー」が、6~13日の8日間開催され、アステナ・プレミアテック、トタル・ディレクトエネルジーの両チームが参戦しました。


結果は、アスタナのオスカー・ロドリゲス(スペイン)が個人総合3位。ディレクトエネルジーのクリスチャン・ロドリゲス(スペイン)が4位
優勝は、モビスターのアントニオ・ペドレロ。
アスタナ・プレミアテックは、チーム総合優勝に。


▼ ラ・ルート・ドクシタニー 2021

 第1ステージ(カズール=レ=ベジエ~ラコーヌ=レ=バン 156.5km)
  APT:4位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)/ TDE:13位 ジェレミー・カボ(フランス)
 第2ステージ(ビルフランシュ=ド=ルエルグ~オーシュ 198.7km)
  APT:18位 メルハウィ・クドゥス(エストリア)/ TDE:4位 ロレンゾ・マンザン(フランス)
 第3ステージ(ピエルフィット=ネスタラ~ル・ムルティス 191.8km)
  APT:3位 オスカー・ロドリゲス(スペイン)/ TDE:4位 クリスチャン・ロドリゲス(スペイン)
 第4ステージ(ラヴラネ・レ・ドルム~グシュタード 171km)
  APT:5位 オスカー・ロドリゲス / TDE:7位 クリスチャン・ロドリゲス
space

La Route d'Occitanie - La Dépêche du Midi(仏語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.06.14 ツール・ド・スイス

TOUR DE SUISSE

「クリテリウム・デュ・ドーフィネ」同様に、「ツール・ド・フランス」の前哨戦と言われるステージレース「ツール・ド・スイス」が、6~13日の8日間開催され、アステナ・プレミアテック、トタル・ディレクトエネルジーの両チームが参戦しました。


結果は、ヤコブ・フルサン(デンマーク)が個人総合3位
優勝は、イネオス・グレナディアーズのリチャル・カラパス。
アスタナ・プレミアテックは、チーム総合も3位に。


▼ ツール・ド・スイス 2021

 第1ステージ(フラウエンフェルト~フラウエンフェルト 10.9km 個人TT)
  APT:17位 マヌエーレ・ボアロ(イタリア)/ TDE:75位 ファビオ・ドゥビー(フランス)
 第2ステージ(ノイウハウゼン・アム・ラインファル~ラーヘン 178km)
  APT:9位 ヤコブ・フルサン(デンマーク)/ TDE:16位 アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)
 第3ステージ(ラーヘン~プフナウ 182.1km)
  APT:8位 オマール・フライレ(スペイン)/ TDE:9位 アントニー・トゥルギ(フランス)
 第4ステージ(ザンクト・アーバン~グシュタード 171km)
  APT:7位 オマール・フライレ / TDE:25位 ピエール・ラトゥール(フランス)
 第5ステージ(グシュタード~ロイカーバート 175.2km)
  APT:2位 ヤコブ・フルサン / TDE:17位 アレクシー・ヴュイエルモーズ
 第6ステージ(フィエッシュ~ディゼンティス 130.1km)
  APT:6位 ユーゴ・ウル / TDE:5位 ピエール・ラトゥール
 第7ステージ(ディゼンティス~アンダーマット 23.2km 個人TT)
  APT:16位 ヤコブ・フルサン / TDE:12位 ビクトル・デラパルテ(スペイン)
 第8ステージ(アンダーマット~アンダーマット 159.5km)
  APT:9位 ヤコブ・フルサン/ TDE:15位 ピエール・ラトゥール
space

TOUR de SUISSE(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.06.14 ツアー・オブ・スロベニア

tour SLOVENIA

9~13日の5日間、スロベニア最大のステージレース「ツアー・オブ・スロベニア」が開催され、アステナ・プレミアテックが参戦しました。


結果は、マッテオ・ソブレロ(イタリア)が個人総合3位
優勝は、UAEチーム・エミレーツのタデイ・ポガチャル。
アスタナ・プレミアテックは、チーム総合も3位に。
ハビエル・ロモがヤングライダー賞2位。


▼ ツアー・オブ・スロベニア 2021

 第1ステージ(プトゥイ~ロガシュカスラティナ 151.5km)
  35位 マッテオ・ソブレロ、39位 ファビオ・フェリーネ(イタリア)
 第2ステージ(ジャレツ~ツェリエ城 147km)
  3位 マッテオ・ソブレロ、35位 ハビエル・ロモ(スペイン)
 第3ステージ(ブレージツェ~クルシュコ 165.8km)
  10位 ハビエル・ロモ、15位 マッテオ・ソブレロ
 第4ステージ(アイドフシュチナ~ノヴァ・ゴリツァ 164.1km)
  3位 マッテオ・ソブレロ9位 ハビエル・ロモ
 第5ステージ(リュブリャナ~ノボ・メスト 175.3km)
  10位 マッテオ・ソブレロ、14位 ダヴィデ・マルティネリ(イタリア)
space

Tour of SLOVENIA(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.06.12 モンヴァントゥー・チャレンジ

VUELTA MURCIA

6日、"魔の山"、"南仏の巨人"と呼ばれる超級山岳モンヴァントゥーを2度も登る難関山岳ワンデーレース「モンヴァントゥー・チャレンジ」に、アスタナ、ディレクトエネルジーの両チームが参戦しました。
(ヴェゾン=ラ=ロメーヌ~モンヴァントゥー 153km)


アスタナの結果は、オスカル・ロドリゲス(スペイン)がチームトップの2位
ディレクトエネルジーは、クリスチャン・ロドリゲス(スペイン)がチームトップの5位
優勝は、アルぺシン・フェニックスのミゲルアンヘル・ロペス。


MONT VENTOUX DENIVELE CHALLENGES(仏語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.06.12 エルフステデンロンデ

VUELTA MURCIA

6日、ベルギーの北西、西フランドル州の州都、ブルージュで開催されたワンデーレース「エルフステデンロンデ」に、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ブルージュ~ブルージュ 193.1km)


結果は、ドリス・ファンゲステル(ベルギー)がチームトップの8位
優勝は、アルぺシン・フェニックスのティム・メルリール。


ELFSTEDENRONDE(蘭語)

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.06.12 ドワルス・ドール・ヘット・ハーヘラント

VUELTA MURCIA

5日、ベルギー中北部、フラームス=ブラバント州で開催されたワンデーレース「ドワルス・ドール・ヘット・ハーヘラント」に、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(アールスコート~ディースト 177km)


結果は、ドリス・ファンゲステル(ベルギー)がチームトップの8位
優勝は、ウノエックス・プロ​サイクリング チームのラスムス・ティラー。


Dwars door het Hageland(独語)

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.06.12 グロサー・プライス・デス・カントン・アールガウ

Grosser Preis des Kantons Aargau

4日、スイス北部、アールガウ州で開催されたワンデーレース「グロサー・プライス・デス・カントン・アールガウ」に、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ロイッガーン~ロイッガーン 172km)


結果は、ジュリアン・シモン(フランス)がチームトップの10位
優勝は、ボーラ・ハンスグローエのイーデ・スヘリン。


Grosser Preis des Kantons Aargau(独語)

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.06.07 クリテリウム・デュ・ドーフィネ

criterium du dauphine

「ツール・ド・フランス」の前哨戦、「クリテリウム・デュ・ドーフィネ」が閉幕しました。
第4ステージで勝利したアレクセイ・ルツェンコが、第6ステージ終了時に個人総合首位に浮上したものの、全8ステージを終え、残念ながら7秒差で個人総合2位に。ヨン・イサギレ7位
アレクサンデル・アランブルがポイント賞3位。

第5ステージ以降の結果は、
第5ステージ(サン=シャモン~サン=ヴァリエ 175.4km)
 3位 アレクサンデル・アランブル(スペイン)、18位 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)

第6ステージ(ロリオル=シュル=ドローム~ル・サペ=アン=シャルトルーズ 167.2km)
 7位 アレクセイ・ルツェンコ、15位 ヨン・イサギレ(スペイン)

第7ステージ(サン=マルタン=ル=ヴィヌー~ラ・プラーニュ 171.1km)
 10位 アレクセイ・ルツェンコ、16位 ヨン・イサギレ

第8ステージ(ランジャック~サン=タオン=ル=ヴュー 172.2km)
 7位 アレクセイ・ルツェンコ、13位 ヨン・イサギレ


個人総合優勝 リッチー・ポート(オーストラリア、イネオス・グレナディアーズ)
チーム総合優勝 イネオス・​グレナディアーズ
山岳賞 ローソン・クラドック(アメリカ、EFエデュケーション・NIPPO)
ポイント賞 ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)
ヤングライダー賞 ダヴィド・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)


CRITERIUM DU DAUPHINÉ(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語))

2021.06.03 クリテリウム・デュ・ドーフィネ 第4ステージ:アスタナ 優勝!

ステージ優勝 アレクセイ・ルツェンコspace criterium du dauphine

5月30日からフランス南東部のドーフィネ地方で開催中のステージレース「クリテリウム・デュ・ドーフィネ」。


2日の第4ステージの個人TTで、アスタナのアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)が優勝しました!
この勝利でアレクセイ・ルツェンコは、個人総合2位(+1秒)に、チームも総合2位に浮上!


➤ YouTube | CRITERIUM DU DAUPHINÉ 2021 - Stage 4 Highlights

ASTANA ASTANA ASTANA

ここまでの結果は、
第1ステージ(イソワール~イソワール 181.8km)
 9位 アレクサンデル・アランブル(スペイン)

第2ステージ(ブリウド~ソーギュ 172.8km)
 9位 アレクサンデル・アランブル(スペイン)、13位 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)

第3ステージ(ランジャック~サン=タオン=ル=ヴュー 172.2km)
 2位 アレクサンデル・アランブル(スペイン)、13位 ヨン・イサギレ(スペイン)

第4ステージ(ランジャック~サン=タオン=ル=ヴュー 172.2km)
 優勝 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)、2位 ヨン・イサギレ(スペイン)


CRITERIUM DU DAUPHINÉ(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.31 ジロ・デ・イタリア

GIRO D'ITALIA

グランツール「ジロ・デ・イタリア」全21ステージが終了しました。
アレクサンドル・ウラソフ個人総合4位ヤングライダー賞2位
アスタナは、チーム総合4位


第13ステージを終えた時点で、ウラソフが個人総合2位と大健闘していたから、このまま行けばワンチャンあるかも?って期待したものの、ベルナルは強かった…。


第12ステージ以降の結果は、
Stage12(シエナ〜バーニョ・ディ・ロマーニャ 212km):
 18位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
Stage13(ラヴェンナ〜ヴェローナ 198km):22位 ファビオ・フェリーネ(イタリア)
Stage14(チッタデッラ〜モンテ・ゾンコラン 205km):16位 アレクサンドル・ウラソフ
Stage15(グラード〜ゴリツィア 147km):27位 アレクサンドル・ウラソフ
Stage16(サチーレ〜コルティナ・ダンペッツォ 153km):7位 アレクサンドル・ウラソフ
Stage17(カナツェーイ〜セーガ・ディ・アーラ 193km):17位 アレクサンドル・ウラソフ
Stage18(ロヴェレート〜ストラデッラ 231km):6位 サムエーレ・バッティステッラ(イタリア)

Stage19(アッビアーテグラッソ〜アルペ・ディ・メーラ 176km):
 5位 アレクサンドル・ウラソフ
Stage20(ヴェルバニア〜アルペ・モッタ 164km):7位 アレクサンドル・ウラソフ
Stage21(セナーゴ〜ミラン 30.3km 個人TT):4位 マッテオ・ソブレロ(イタリア)


個人総合優勝 エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
チーム総合優勝 イネオス・​グレナディアーズ
山岳賞 ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)
ポイント賞 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
ヤングライダー賞 エガン・ベルナル


Giro d'Italia(西語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.31 ブックル・ドゥ・ラ・マイエンヌ

VUELTA ANDALUCIA

27日から30日まで「ブックル・ドゥ・ラ・マイエンヌ」が、フランス西部ペイ・ド・ラ・ロワール地方のマイエンヌで開催され、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。


結果は、
Stage1(ル・ジェネスト・サン島〜アンブリエールレヴァレ 175km):32位 マチュー・ビュルゴドー(フランス)
Stage2(ヴェージュ〜エヴロン 173km):
 2位 ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)
Stage3(サン・ベルトヴァン〜クラオン 182km):
 18位 ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)、24位 ロレンゾ・マンザン(フランス)
Stage4(バーサ〜クリャル・ベガ 182.9km):
 6位 ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)
総合優勝は、グルパマ・FDJのアルノー・デマール。


Boucles de la Mayenne(仏語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.05.25 メルカントゥール・クラシック・アルプマリティム

VUELTA MURCIA

24日、フランス北西部、南アルプス中心部のアルマプリティムで、初開催されたワンデーレース「メルカントゥール・クラシック・アルプマリティム」に、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(サンソヴールシュルティネ~コル・ド・ヴァルベール 149.9km)


結果は、アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)がチームトップの4位
優勝は、コフィディスのギヨーム・マルタン。


MERCAN’TOUR CLASSIC ALPES-MARITIMES(仏語)

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.05.23 ツール・デュ・フィニステール

VUELTA MURCIA

22日、フランス南東部、ブルターニュ地方で開催されたワンデーレース「ツール・デュ・フィニステール」に、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(サンテヴァルゼック~カンペール 196.3km)


結果は、ジェレミー・カボ(フランス)がチームトップの7位
優勝は、AG2R・シトロエンのブノワ・コスネフロワ。


Tour du Finistère(仏語)

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.05.23 ブエルタ・ア・ムルシア

VUELTA MURCIA

先日の「ブエルタ・ア・アンダルシア」同様、例年2月の開催が、コロナ禍の影響により延期されていた「ブエルタ・ア・ムルシア」が、23日にスペイン南東部ムルシア州で開催され、アスタナが参戦しました。
(ロス・アルカサレス~アルカンタリージャ 192.4km)


結果は、ヨナス・グレゴー(デンマーク)がチームトップの9位
優勝は、エウスカルテル・エウスカディのアントニオ・ソト。


Vuelta Ciclista a la Región de Murcia "Costa Calida"(英語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.23 ブエルタ・ア・アンダルシア

VUELTA ANDALUCIA

コロナ禍の影響により延期されていた、ルタ・デル・ソル(Ruta del Sol:太陽の道)こと「ブエルタ・ア・アンダルシア」が、18日から22日までスペイン南部アンダルシア地方で開催され、アスタナが参戦しました。


昨年は、ヤコブ・フルサンがシーズン初戦だったにも関わらず、第1・第2ステージを制し、総合優勝を飾っただけに期待したものの、残念ながらフルサンは、出場せず…
さらに、ジロ・デ・イタリアと重なったため、セカンドチームでの参戦となり、結果は、
Stage1(ミハス〜サアラ・デ・ラ・シエラ 152km):
 27位 ヨナス・グレゴー(デンマーク)、28位 オスカル・ロドリゲス(スペイン)
Stage2(イスナハル〜アルカラ・ラ・レアル 184.8km):
 8位 オスカル・ロドリゲス(スペイン)、15位 ヨナス・グレゴー(デンマーク)
Stage3(ベアス・デ・セグラ〜ビジャロドリゴ 176.9km):
 10位 オスカル・ロドリゲス(スペイン)、16位 ヨナス・グレゴー(デンマーク)
Stage4(バーサ〜クリャル・ベガ 182.9km):
 18位 グレブ・ブルッセンスキー(カザフスタン)
Stage5(ベラ〜プルピ 107km):
 7位 オスカル・ロドリゲス(スペイン)、16位 ヨナス・グレゴー(デンマーク)
総合優勝は、昨年までアスタナでチームメイトだった、現モビスター・チームのミゲルアンヘル・ロペス。

Vuelta a Andalucia Ruta Ciclista Del Sol(西語)

space

シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.22 ツール・ド・ハンガリー:アスタナ チーム総合優勝

VUELTA ANDALUCIA

5月12日~16日に開催されたステージレース「ツール・ド・ハンガリー」にアスタナが参戦し、チーム総合優勝しました。


全5ステージの結果は、 個人総合優勝は、チーム・バイクエクスチェンジのダミアン・ホーソン。
アスタナは、ステファン・ドゥボッド(南アフリカ)が5位ハビエル・ロモ(スペイン)が8位
個人総合は、残念な結果ながら、チーム総合では、優勝


各ステージの結果は、
Stage1(シオーフォク〜カポシュバール 173km):
 22位 アルチョム・ザハロフ(カザフスタン)、23位 ダヴィデ・マルティネッリ(イタリア)
Stage2(バラトンフュレド〜ナジカニジャ 182.6km):
 12位 ダヴィデ・マルティネッリ(イタリア)、18位 エフゲニー・フェドロフ(カザフスタン)
Stage3(ヴェスプレーム〜タタ 141.9km):
 4位 ダヴィデ・マルティネッリ(イタリア)
Stage4(バラシュシャジャルマト〜ジェンジェジュ-ケーケシュ 202.2km):
 5位 ステファン・ドゥボッド(南アフリカ)、8位 ハビエル・ロモ(スペイン)
Stage5(ブダペスト〜ブダペスト 92.4km):
 13位 ダヴィデ・マルティネッリ(イタリア)


TOUR DE HONGRIE(洪語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.20 トロ・ブロ・レオン

TRO BRO LEON

26箇所(約30km)の未舗装路を含む農道レース「トロ・ブロ・レオン」が、5月18日にフランスのブルターニュ地方で開催され、トタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ランニリス ~ ランニリス 207km)


結果は、ヴァランタン・フェロンがチームトップで13位。
優勝は、アルケア・サムシックのコナー・スウィフト。


TRO BRO LEON(仏語) シクロワイアード.jp Team Total Direct Energie(仏語)

2021.05.20 ジロ・デ・イタリア ①

GIRO D'ITALIA

8日から開催中のグランツール「ジロ・デ・イタリア」。
11ステージを終え、アレクサンドル・ウラソフが+45秒で個人総合2位


ここまでの各ステージの結果は、
Stage1(トリノ〜トリノ 8.6km 個人TT):
 11位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage2(ストゥピニージ〜ノヴァーラ 179km):
 47位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage3(ビエッラ〜カナーレ 190km):17位 ファビオ・フェリーネ(イタリア)
Stage4(ピアチェンツァ〜セストラ 187km):
 13位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage5(モデナ〜カットーリカ 177km):21位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage6(グロッテ・ディ・フラザッシ〜アスコリ・ピチェーノ 160km):
 11位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage7(ノタレスコ〜テルモリ 181km):11位 ファビオ・フェリーネ(イタリア)
Stage8(フォッジャ〜グアルディア・サンフラモンディ 170km):
 11位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)

Stage9(カステル・ディ・サングロ〜カンポ・フェリーチェ 158km):
 3位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage10(ラクイラ〜フォリーニョ 139km):13位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage11(ペルージャ〜モンタルチーノ 162km):13位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)


Giro d'Italia(西語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.10 ツール・ド・ルワンダ:ディレクトエネルジー 総合優勝!

TOUR DU RWANDA

ステージレース「ツール・ド・ルワンダ」が東アフリカのルワンダで2日~9日に開催され、トタル・ディレクトエネルジーが参戦し、ヴァランタン・フェロン第4ステージ優勝クリスチャン・ロドリゲスが最終第8ステージ優勝し、総合優勝を果たしました。ました。


各ステージの結果は、
Stage1(キガリ~ルワマガナ 115.6km):
 10位 アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)
Stage2(キガリ~フエ 120.5km):
 10位 ヴァランタン・フェロン(フランス)
Stage3(ニャンザ~ギガンビ 171.6km):
 7位 アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)、9位 クリスティアン・ロドリゲス(スペイン)
Stage4(キガリ~ムサンツェ 171.6km):
 優勝 ヴァランタン・フェロン(フランス)
Stage5(ニャガタレ~キマイアンコ 149.3km):
 2位 アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)、4位 クリスティアン・ロドリゲス(スペイン)
Stage6(キガリ~キガリ山 152.6km):
 2位 アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)、5位 クリスティアン・ロドリゲス(スペイン)
Stage7(キガリ~クワ・ムンテ 4.5km 個人TT):
 4位 アレクサンドル・ジュニエ(フランス)、6位 クリスティアン・ロドリゲス(スペイン)
 7位 アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)
Stage8(キガリ~キガリ 75.3km):
 優勝 クリスティアン・ロドリゲス(スペイン)、5位 アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)

TDE TDE TDE
space

TOUR DU RWANDA(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.05.08 ブエルタ・アストゥリアス - 第3ステージ:ディレクトエネルジー 優勝!

Vuelta ASTURIAS
ASTANA

4月30日から5月2日にスペイン北西部アストゥリアス州で開催された「ブエルタ・アストゥリアス」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦し、第3ステージで、ピエール・ラトゥール優勝しました。


Stage1(オビエド~ポラ・デ・レナ 184.5km):
 3位 ピエール・ラトゥール(フランス)
 13位 ビクトル・デラパルテ(スペイン)
Stage2(カンダス~カンガス・デル・ナルセア 200.5km):
 7位 ビクトル・デラパルテ(スペイン)
 9位 ピエール・ラトゥール(フランス)
Stage3
(カンガス・デル・ナルセア~モンテ・ナランコ 125.3km):
 優勝 ピエール・ラトゥール(フランス)
 3位 ビクトル・デラパルテ(スペイン)


総合優勝は、チーム・アレケア・サムシックのナイロ・キンタナ。
ピエール・ラトゥール総合3位ビクトル・デラパルテ総合4位に。


VUELTA ASTURIAS(西語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.05.04 ジロ・デ・イタリア:アスタナ・プレミアテック 出場選手発表

GIRO D'ITALIA
ASTANA

8日から開催されるグランツール「ジロ・デ・イタリア」に出場するアスタナ・プレミアテックのラインナップが発表されました。


41 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
42 サムエーレ・バッティステッラ(イタリア)
43 ファビオ・フェリーネ(イタリア)
44 ゴルカ・イサギレ(スペイン)
45 ヴァディム・プロンスキー(カザフスタン)
46 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
47 マッテオ・ソブレロ(イタリア)
48 アロルド・テハダ(コロンビア)


注目は、昨年、ツール・ド・ラ・プロヴァンスでステージ優勝、ジロ・デッレミリアと、モン・ヴァントゥ・デニヴェレ・チャレンジで優勝した若きエースクライマー、アレクサンドル・ウラソフと、現スペインチャンピオンのルイスレオン・サンチェス。
それとイサギレ兄弟のお兄ちゃん、クライマーのゴルカ・イサギレも。


Giro d'Italia(西語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.03 ツール・ド・ロマンディ

TOUR OF THE ALPS

4月27日「ツアー・オブ・ジ・アルプス」が、19日~23日に開催され、アスタナ・プレミアテックが参戦しました。


各ステージのチームトップは、
Prologue(オロン ~ オロン 4km 個人TT):
 19位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage 1(エーグル ~ マルティニー 168.1km):24位 ヨン・イサギレ(スペイン)
Stage 2(ラ・ヌーヴヴィル ~ サン=ティミエ 165.7km):16位 ヨン・イサギレ(スペイン)
Stage 3(エスタバイヤー ~ エスタバイヤー 168.7km):
 5位 ゴルカ・イサギレ(スペイン)、9位 ヨン・イサギレ(スペイン)
Stage 4(シオン ~ ティオン2000 161.3km):7位 ヨン・イサギレ(スペイン)
stage 5(フリブール ~ フリブール 16.19km 個人TT):11位 ヨン・イサギレ(スペイン)
総合優勝は、イネオス・グラナディアーズのゲラント・トーマス。


TOUR DE ROMANDIE(仏語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.05.01 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ

LIÈGE-BASTOGNE-LIÈG

アルデンヌ・クラシック」のひとつ、春のクラシックシーズンの最後を飾るワンデーレース「リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ」が25日、ベルギーのワロン地方で開催され、トタル・ディレクトエネルジーと、アスタナ・プレミアテックが、先日の「アムステル・ゴールド・レース」、「ラ・フレッシュ・ワロンヌ」と同じメンバーで参戦しました。
(リエージュ ~ リエージュ 259.1km)


結果は、アスタナは、ヤコブ・フルサンがチームトップの12位。アレクサンデル・アランブルが21位。
ディレクトエネルジーは、ジュリアン・シモンが41位で、チームトップ。
優勝は、UAEチーム・エミネーツのタデイ・ポガチャル。


LIÈGE-BASTOGNE-LIÈGE(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.04.30 ツアー・オブ・ジ・アルプス

TOUR OF THE ALPS

イタリアアルプスとオーストリアアルプスを巡る5日間のステージレース「ツアー・オブ・ジ・アルプス」が、19日~23日に開催され、アスタナ・プレミアテックが参戦しました。


各ステージのチームトップは、
Stage 1(ブレッサノーネ ~ インスブルック 140.6km):
 4位 ファビオ・フェリーネ(イタリア)
Stage 2(インスブルック ~ カウナータール 121.5km):
 4位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
Stage 3(イムスト ~ ナトゥルンス 162km):
 9位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
Stage 4(ナトゥルンス ~ ピエーヴェ・ディ・ボーノ 168.6km):
 2位 アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
stage 5(ヴァル・デ・キエーゼ/イドロランド ~ リーヴァ・デル・ガルダ 120.9km):
 9位 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
総合優勝は、チーム・バイクエクスチェンジのサイモン・イェーツ。


TOUR OF THE ALPS(英語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.04.23 ラ・フレッシュ・ワロンヌ

FLECHE WALLONNE

アルデンヌ・クラシック」のひとつ、名物のユイの壁(登坂距離1.3km、平均勾配9.6%、最大勾配26%)の頂上を目指す激坂レース「ラ・フレッシュ・ワロンヌ」が21日、ベルギーのワロン地方で開催され、アスタナ・プレミアテックが、先日の「アムステル・ゴールド・レース」と同じメンバーで参戦しました。
(シャルルロア ~ ミュール・ド・ユイ 193.6km)


結果は、アレクサンデル・アランブルがチームトップの13位。ヤコブ・フルサンが17位。
優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのジュリアン・アラフィリップ。


LA FLÈCHE WALLONNE(英語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.04.19 アムステル・ゴールド・レース

AMSTEL GOLD RACE

オランダとベルギーで開催される高い格式を持つ「アルデンヌ・クラシック」のひとつ、オランダ最大のワンデーレース「アムステル・ゴールド・レース」が、18日に開催され、アスタナ・プレミアテックが参戦しました。
(ファルケンブルフ ~ ベルグ・エン・テルブレイト 218.6km)

チームの重鎮、ヤコブ・フルサン、カザフスタンナショナルチャンピオンのアレクセイ・ルツェンコ、好調のアレクサンデル・アランブルとオマール・フレイル等、主力を集めたチーム編成で挑んだものの…


アレクサンデル・アランブルがチームトップの11位。ルツェンコは、31位。フルサンは、38位と残念な結果に。
優勝は、ユンボ・ヴィスマのワウト・ファンアールト。
同じチーム構成で、21日のフレッシュ・ワロンヌと25日のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュで参戦予定みたいだけど、大丈夫か?


AMSTEL GOLD RACE(英語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.04.19 ツアー・オブ・ターキー

TOUR OF TURKEY

11日~18日にトルコでステージレース「ツアー・オブ・ターキー」が開催され、アスタナ・プレミアテックが参戦しました。


このレースも主力を外した若手主体のメンバー構成。


各ステージのチームトップは、
Stage 1(コンヤ ~ コンヤ 72.4km):
 17位 グレブ・ブルセンスキー(カザフスタン)
Stage 2(コンヤ ~ コンヤ 144.9km):14位 ハビエル・ロモ(スペイン)
Stage 3(ベイシェヒル ~ アランヤ 212.6km):34位 グレブ・ブルセンスキー(カザフスタン)
Stage 4(アランヤ ~ ケメル 184.4km):24位 アルチョム・ザハロフ(カザフスタン)
stage 5(ケメル ~ エルマル 160.3km):6位 メルハウィ・クドゥス(エストリア)
Stage 6(フェティエ ~ マルマリス 129.1km):16位 エフゲニー・ギディッチ(カザフスタン)
Stage 7(マルマリス ~ トゥルグトレイス 180km):8位 グレブ・ブルセンスキー(カザフスタン)
Stage 8(ボドルム ~ クシャダス 160.3km)16位 メルハウィ・クドゥス(エストリア)
総合優勝は、フランスのUCIプロチーム、DELCO(デルコ)のホセ・マヌエル・ディアス。


PRESIDENTIAL CYCLING TOUR OF TURKEY(英語) ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.04.17 ブラバンツ・パイル

DE BRABANTSE PIJL

14日、ベルギー、フラームス=ブラバント州で開催されたワンデーレース「ブラバンツ・パイル」にディレクトエネルジーが参戦しました。
(ルーヴェン ~ オーベレルエイセ 201.7km)


ドリス・ファンゲステル(ベルギー)がチームトップの32位。
優勝は、イネオス・グレナディアスのトム・ピドコック。


DE BRABANTSE PIJL(英語) Team Total Direct Energie(仏語) シクロワイアード.jp

2021.04.10 スヘルデプライス

SCHELDEPRIJS

7日、ベルギーのアントウェルペン州で開催されたワンデーレース「スヘルデプライス」に、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(テルネーゼン ~ スコーテン 193.8km)


アスタナは、主力を外したメンバー構成だから仕方ないと言えばそれまでだけど…
エフゲニー・フェドロフ(カザフスタン)がチームトップの54位。
一方、ディレクトエネルジーは、ドリス・ファンゲステル(ベルギー)が10位と健闘。
優勝は、UAEチーム・エミネーツのヤスパー・フィリプセン


SCHELDEPRIJS(英語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.04.09 イツリア・バスクカントリー - 第4ステージ:アスタナ 優勝!

ステージ優勝 ヨン・イサギレspace ITZULIA BASQUE COUNTRY

UCIワールドツアー「イツリア・バスクカントリー」の第4ステージ(ビトリア=ガステイス ~ オンダリビア 189.2km)が8日に開催中され、アスタナ・プレミアテックのヨン・イサギレ(スペイン)が優勝しました。
次いで、アレクサンデル・アランブル(スペイン)が11位。
ディレクトエネルジーは、ピエール・ラトゥール(フランス)がチームトップの18位。


➤ YouTube | Itzulia Basque Country 2021 - Stage 4 Highlights

ASTANA ASTANA ASTANA

前日の第3ステージは、ヤコブ・フルサン(デンマーク)がチームトップの15位、次いで、ヨン・イサギレが19位。
ディレクトエネルジーは、ピエール・ラトゥール(フランス)がチームトップの21位。


【4/12 追記】
第5ステージ、アスタナは、アレクセイ・ルツェンコが14位、ディレクトエネルジーは、ジュリアン・シモン8位に。
最終第6ステージ、アスタナは、ヨン・イサギレが11位、ピエール・ラトゥールが25位。
総合優勝は、ユンボ・ヴィスマのプリモシュ・ログリッチ。


ITZULIA BASQUE COUNTRY(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.04.07 イツリア・バスクカントリー - 第2ステージ:アスタナ 優勝!

ステージ優勝 アレックス・アランブルspace ITZULIA BASQUE COUNTRY

5日からスペインのバスク地方で開催中の6日間のステージレース、UCIワールドツアー「イツリア・バスクカントリー」。


6日に第2ステージ(サリャ ~ セスタオ 154.8km)が開催され、アスタナ・プレミアテックのアレクサンデル・アランブル(スペイン)が優勝しました。
さらにオマール・フライレ(スペイン)が+15秒で2位に。
ディレクトエネルジーは、ピエール・ラトゥール(フランス)がチームトップの12位。


➤ YouTube | Itzulia Basque Country 2021 - Stage 2 Highlights

ASTANA ASTANA ASTANA

これで、アレクサンデル・アランブルが個人総合2位。チーム総合首位に。
アレクサンデル・アランブルは、前日の第1ステージの個人TTでも、首位に+30秒でチームトップの9位。ヤコブ・フルサン(デンマーク)14位、オマール・フライレ16位と健闘。
ディレクトエネルジーは、ピエール・ラトゥール(フランス)がチームトップの17位。


ITZULIA BASQUE COUNTRY(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.04.06 ロンド・ファン・フラーンデレン

RONDE VAN VLAANDEREN

4日、フランダースクラシックが主催する"クラシックの王"「ロンド・ファン・フラーンデレン」が開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(アントウェルペン ~ オーデナールデ 254.3km)


ディレクトエネルジーは、アントニー・トゥルギ(フランス)が8位と健闘。
アスタナは、ベンジャミン・ペリー(カナダ)がチームトップで70位…。
ドゥクーニンク・クイックステップのカスパー・アスグリーンが初優勝。


RONDE VAN VLAANDEREN(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.04.06 ラ・ルー・トゥランジェル

LA ROUE TOURANGELLE

4日、北フランス中西部サントル地方で開催されたワンデーレース「ラ・ルー・トゥランジェル」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(サント=モール=ド=トゥレーヌ ~ トゥール 200km)


優勝は、グルパマ・FDJのアルノー・デマール。
ディレクトエネルジーは、2015年の同レース覇者ロレンゾ・マンザン(フランス)が+25秒でチームトップの10位に。


LA ROUE TOURANGELLE(仏語)

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.04.04 グランプレミオ・ミゲル・インデュライン

ASTANA

4月の第1戦、山岳系ワンデレース「グランプレミオ・ミゲル・インデュライン」が3日、スペインのナパラ州で開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(エステーリャ ~ エステーリャ203.2km)


優勝は、モビスターのアレハンドロ・バルベルデ。

アスタナは、惜しくも、現カザフスタンチャンピオンのアレクセイ・ルツェンコが+6秒で2位。+15秒で、現スペインチャンピオンのルイスレオン・サンチェス(スペイン)が3位。さらに、オマール・フライレ9位に。
TDEは、ピエール・ラトゥール(フランス)の13位がチームトップ。


GRAN PREMIO MIGUEL INDURAIN(西語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.04.01 ドワルス・ドール・フラーンデレン

Cholet - Pays de la Loire

31日、ベルギーのフランダースクラシックが主催するワンデーレース「ドワルス・ドール・フラーンデレン」にアスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(ルーセラーレ ~ ワレヘム 184.1km)


優勝は、イネオス・グレナディアスのディラン・ファンバーレ。
TDEは、アントニー・トゥルギ(フランス)が8位
アスタナは、エフゲニー・フェドロフ(カザフスタン)が71位でチームトップ。


3月のレースがすべて終了。今月は、両チームともに多くのクラシックレース等に参戦したものの、残念ながら個人優勝は無し…。
アスタナは、ステージレースのパリ~ニースとティレーノ〜アドリアティコの2戦でのチーム総合優勝は良かったけど、昨シーズンの強さは何処へやらって感じ。
昨年の今頃は、8レースに参戦し、ステージ優勝5回、総合優勝も果たしてたのに…。
一方、ディレクトエネルジーは、優勝は逃したもののアントニー・トゥルギの活躍が際立ってた。
そろそろ、優勝が欲しいなぁ…


Cholet - Pays de la Loire(仏語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.29 ショレ=ペイ・ド・ロワール

Cholet - Pays de la Loire

28日、フランス西部ロワール県のショレで開催されたワンデーレース「ショレ=ペイ・ド・ロワール」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ショレ ~ ショレ 201.8km)


優勝は、コフィディス・ソリュシオンクレディのエリア・ヴィヴィアーニ。
TDEは、ニコロ・ボニファツィーノが13位。アスタナは、オスカー・ロドリゲスが24位。


Cholet - Pays de la Loire(仏語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.29 ボルタ・ア・カタルーニャ

Volta catalunya

22日~28日にスペイン北東部カタルーニャ州を舞台に開催されたステージレース「ボルタ・ア・カタルーニャ」に、アスタナ・プレミアテックが参戦しました。


100回記念大会の全7ステージの結果は、 個人総合優勝は、イネオス・グレナディアーズのアダム・イェーツ。
アスタナは、オスカー・ロドリゲスが24位。チーム総合は、13位。


Volta Ciclista a Catalunya(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.03.29 セッティマーナ・インテルナツィオナーレ・コッピ・エ・バルタリ

Coppi e Bartali

23日~27日にイタリア中部のエミリア・ロマーニャ州で開催されたステージレース「コッピ・エ・バルタリ」に、アスタナ・プレミアテックが参戦しました。


全5ステージの結果は、 個人総合優勝は、ユンボ・ヴィズマのヨナス・ヴィンゲゴー。
アスタナは、ハビエル・ロモ5位チーム総合は、7位


Settimana Internazionale Coppi e Bartali(伊語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.03.29 ヘント〜ウェヴェルヘム

Gent-Wevelgem

28日、フランダースクラシックが主催するUCIワールドツアーのワンデーレース「ヘント〜ウェヴェルヘム」に、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(イープル ~ ウェヴェルヘム 250km)


アスタナは、アルチョム・ザハロフ(カザフスタン)がチームトップで61位。
ディレクトエネルジーは、アントニー・トゥルギ(フランス)が9位
優勝は、ユンボ・ヴィズマのワウト・ファンアールト。


Gent - Wevelgem in Flanders Fields(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.29 E3サクソバンク・クラシック

E3 SAXO BANK

26日にベルギーのフランドル地方で開催されたUCIワールドツアーのワンデーレース「E3サクソバンク・クラシック」に、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(ハーレルベーケ ~ ハーレルベーケ 203.9km)


アスタナは、エフゲニー・ギディッチ(カザフスタン)がチームトップで65位。
ディレクトエネルジーは、アントニー・トゥルギ(フランス)が12位。
優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのカスパー・アスグリーン。


E3 SAXO BANK CLASSIC(蘭語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.29 オキシクリーンクラシック・ブルッヘ〜デ・パンネ

OxyClean Classic

24日にベルギーのフランドル地方で開催されたUCIワールドツアーのワンデーレース「オキシクリーンクラシック・ブルッヘ〜デ・パンネ」に、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(ブルッヘ ~ デ・パンネ 203.9km)


アスタナは、エフゲニー・ギディッチ(カザフスタン)がチームトップで22位。
ディレクトエネルジーは、ロレンゾ・マンザン(フランス)が12位。
優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのサム・ベネット。


Oxyclean Classic Brugge - De Panne(仏語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.22 ミラノ ~ サンレモ

Royal Bernard Drome Classic

20日、イタリアに春の訪れを告げる伝統の一戦、強豪が一堂に会するUCIワールドツアーのワンデーレース「ミラノ ~ サンレモ」が開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(ミラノ ~ サンレモ 299km)


アスタナは、アレクサンデル・アランブル(スペイン)がチームトップで7位
ディレクトエネルジーは、アントニー・トゥルギ(フランス)が10位
優勝は、トレック・セガフレードのヤスパー・ストゥイヴェン。


Milano Sanremo(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.21 ブレーデネ・コクサイデ・クラシック

NOKERE KOERSE

19日、ベルギーの北西部、ウェスト=フランデレン州で開催されたUCIヨーロッパツアーのセミクラシックレース「ブレーデネ・コクサイデ・クラシック」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ブレーデネ ~ コクサイデ 199.9km)


優勝は、トレック・セガフレードのマッズ・ピーダスン。
TDEは、フロリアン・メートルが46位。


BREDENE Koksijde Classic(蘭語) シクロワイアード.jp

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.18 ダニリス・ノケレ・コールス

NOKERE KOERSE

17日、ベルギー北部、フランドル地域で開催されたUCIヨーロッパツアーのセミクラシックレース「ダニリス・ノケレ・コールス」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ダインゼ ~ ノケレ 195km)


優勝は、ベルギーのUCIコンチネンタルチーム、ビンゴール・ワロニーブリュッセルのルドヴィク・ロベート。
TDEは、ダミアン・ゴダンが+3秒で惜しくも2位


DANILITH NOKERE KOERSE(蘭語) シクロワイアード.jp

space

Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.17 ティレーノ〜アドリアティコ:アスタナ チーム総合優勝

Tirreno-Adriatico
ASTANA

イタリア半島の西側ティレニア海と東側アドリア海の二つの海を結ぶステージレース「ティレーノ〜アドリアティコ」が10日~16日まで開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。


全8ステージの結果は、 個人総合優勝は、ボーラ・ハンスグローエのマキシミリアン・シャフマン。
アスタナは、ユーゴ・ウルが13位、ファビオ・フェリーネが14位。
個人総合は、イマイチだったものの、アスタナ・プレミアテックは、またしてもチーム総合優勝
ディレクトエネルジーは、ビクトル・デラパルテが個人総合18位。 まずまずの結果でした。


各ステージの結果は、
第1ステージ(リド・ディ・カマイオーレ 〜 リド・ディ・カマイオーレ 156km)
ASTは、ダヴィデ・マルティネッリが26位。TDEは、アドリアン・プティの17位、ニコロ・ボニファツィーノが18位。 ステージ優勝は、ユンボ・ヴィスマのワウト・ファンアールト。


第2ステージ(カマイオーレ 〜 キウズディーノ 202km)
ASTは、アレクサンデル・アランブル5位、ヤコブ・フルサンが20位。TDEは、ビクトル・デラパルテが40位。ステージ優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのジュリアン・アラフィリップ。


第3ステージ(モンティチャーノ 〜 グアルド・タディーノ 219km)
ASTは、ファビオ・フェリーネが11位。TDEは、ニコロ・ボニファツィーノが12位。 ステージ優勝は、アルペシン・フェニックスのマチュー・ファンデルプール。


第4ステージ(テルニ 〜 プラティ・ディ・ティヴォ 148km)
ASTは、ヤコブ・フルサン10位。TDEは、ビクトル・デラパルテが19位。 ステージ優勝は、ユンボ・ヴィスマのワウト・ファンアールト。


第5ステージ(ビエンヌ ~ ボレーヌ 205km)
ASTは、ファビオ・フェリーネ3位、ユーゴ・ウルが16位。TDEは、クリスティアン・ロドリゲスが26位。 ステージ優勝は、アルペシン・フェニックスのマチュー・ファンデルプール。


第6ステージ(カステルライモンド 〜 リド・ディ・フェルモ 169km)
ASTは、ユーゴ・ウルが22位。TDEは、ロレンゾ・マンザンが20位。ステージ優勝は、イスラエル・スタートアップネイションのマッズ・ウルスシュミット。


最終第7ステージ
(サン・ベネデット・デル・トロント 〜 サン・ベネデット・デル・トロント 10.1km 個人TT)
ASTは、ファビオ・フェリーネが22位。TDEは、ビクトル・デラパルテが74位。ステージ優勝は、ユンボ・ヴィスマのワウト・ファンアールト。


Tirreno-Adriatico(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.15 パリ~トロワ

PARIS-TROYES

14日、フランス北部、パリの南東で開催されたUCIヨーロッパツアーのワンデーレース「パリ~トロワ」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ノジャン=シュル=セーヌ ~ トロワ 186km)


結果は、マチュー・ビュルゴドー(フランス)の8位がチームトップ。
優勝は、フランスのUCIコンチネンタルチーム、St.ミシェル=オーベル93のロマン・カルディ(昨シーズンまで、トタル・ディレクトエネルジー)。


Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.15 パリ ~ ニース:アスタナ チーム総合優勝 & ヤングライダー賞

Paris-Nice

ワールドツアー「パリ ~ ニス」が、7日~14日に開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。


全8ステージの結果は、
個人総合優勝は、ボーラ・ハンスグローエのマキシミリアン・シャフマン。
2位は、+19秒でアスタナのアレクサンドル・ウラソフ、3位も、+23秒でアスタナのヨン・イザギレ。惜しくも個人総合優勝は逃したものの、チーム総合優勝は、アスタナ・プレミアテックヤングライダー賞も、アレクサンドル・ウラソフ
ディレクトエネルジーは、ピエール・ラトゥールが個人総合16位。
まずまずの結果でした。


各ステージの結果は、第1ステージ(サン・シール・レコール〜サン・シール・レコール 166km)
ASTは、ルイス・レオンサンチェスの36位、TDFは、アレクシー・ヴュイエルモーズの68位がチームトップ。 ステージ優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのサム・ベネット。


第2ステージ(オワンヴィル=シュル=モンシアン〜アミリー 188km)
ASTは、ルイス・レオンサンチェスの30位、TDFは、アントニー・トゥルギの20位がチームトップ。
ステージ優勝は、チームDSMのケース・ボル。


第3ステージ(ジアン〜ジアン 14.4km 個人TT)
ASTは、ヨン・イザギレの12位、TDFは、ピエール・ラトゥールの50位がチームトップ。
ステージ優勝は、EFエデュケーションNIPPOのシュテファン・ビッセガー。


第4ステージ(シャロン=シュル=ソーヌ〜シルーブル 187.6km)
ASTは、5位 アレクサンドル・ウラソフ、10位 ヨン・イサギレ。TDFは、9位 ピエール・ラトゥール。
ステージ優勝は、ユンボ・ヴィズマのプリモシュ・ログリッチ。


第5ステージ(ビエンヌ=ボレーヌ 200.2km)
ASTは、ルイス・レオンサンチェスの47位、TDFは、エドヴァルド・ボアッソンハーゲンの22位がチームトップ。 ステージ優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのサム・ベネット。


第6ステージ(ブリニョール〜ビオット 202.4km)
ASTは、ヨン・イザギレの11位、TDFは、ピエール・ラトゥールのの13位がチームトップ。
ステージ優勝は、ユンボ・ヴィズマのプリモシュ・ログリッチ。


第7ステージ(ル・ブロック〜ヴァルドゥブロール・ラ・コルミアーヌ 119.2km)
ASTは、5位 アレクサンドル・ウラソフ8位 ヨン・イサギレ。TDFは、22位 ピエール・ラトゥール。
ステージ優勝は、ユンボ・ヴィズマのプリモシュ・ログリッチ。


最終第8ステージ(ル・プラン・デュ・ヴァール〜ルヴァン 92.7km)
ASTは、7位 ヨン・イサギレ、12位 アレクサンドル・ウラソフ。TDFは、3位 ピエール・ラトゥール
ステージ優勝は、EFエデュケーションNIPPOのマグナス・コルト。

ASTANA ASTANA ASTANA
space

PARIS - NISE(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.08 GPインドゥストリア&アルティジャナート

GP Industria & Artigianato

7日、イタリア中部トスカーナのラルチャーノを舞台に開催されたワンデーレース「GPインドゥストリア&アルティジャナート」にアスタナ・プレミアテックが参戦しました。
(ラルチャーノ ~ ラルチャーノ 193.4km)


結果は、ハビエル・ロモ(スペイン)の18位がチームトップ。
優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのマウリ・ファンセヴェナント。


GP Industria & Artigianato(伊語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.03.08 グランプリ ジャンピエール・モンセレ

TROFEO LAIGUEGLIA

7日、ベルギー北西部のウエストフランダースを舞台に開催された、ベルギーの悲劇の世界王者の名を冠したワンデーレース「グランプリ ジャンピエール・モンセレ」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(ホーフレーデ ~ ルーセラーレ 202.1km)


結果は、フロリアン・メートル(フランス)の39位がチームトップ。
優勝は、アルペシン・フェニックスのティム・メルリール。


Grote Prijs Jean-Pierre Monseré(蘭語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.08 ストラーデ・ビアンケ

strade bianche

6日にイタリア中部トスカーナ州を舞台に開催されたワンデーレース「ストラーデ・ビアンケ 2020」にアスタナ・プレミアテックが参戦しました。
(シエナ ~ シエナ 184km)


出場選手は、
 41 ヤコブ・フルサン(デンマーク)
 42 アレクサンデル・アランブル(スペイン)
 43 マヌエーレ・ボアロ(イタリア)
 44 ファビオ・フェリーネ(イタリア)
 45 ユーゴ・ウル(カナダ)
 46 ゴルカ・イザギレ(スペイン)
 47 ヨーナス・グレゴーヴィルスリ(デンマーク)
結果は、
フルサンが9位、アランブルが22位、ゴルカが50位。
優勝は、アルペシン・フェニックスのマチュー・ファンデルプール。


Strade Bianche(英語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.03.06 トロフェオ・ライグエリア

TROFEO LAIGUEGLIA

3日、イタリア北部のリグーリア海沿いの町、ライグエリアを舞台に開催されたイタリアの開幕戦レース「トロフェオ・ライグエリア」にアスタナ・プレミアテックが参戦しました。
(ライグエリア ~ ライグエリア 202km)


結果は、
ファビオ・フェリーネ(イタリア)の34位がチームトップ。
優勝は、トレック・セガフレードのバウク・モレマ。


Trofeo Laigueglia(伊語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.03.03 ル・サミン

Le SMAYN

2日、ベルギー南部のワロン地方を舞台に開催された石畳(パヴェ)セミクラシックレース「ル・サミン」にトタル・ディレクトエネルジーが参戦しました。
(カレニョン ~ ドゥール 205.4km)


結果は、
ロレンゾ・マンジン(フランス)の22位がチームトップ。
優勝は、アルペシン・フェニックスのティム・メルリール。


Le SAMYN(仏語) シクロワイアード.jp Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.01 ロイヤル・ベルナール・ドローム・クラシック

Royal Bernard Drome Classic

28日、フランス南東部ドロームで開催されたワンデーレース「ロイヤル・ベルナール・ドローム・クラシック」に、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(ユール ~ ユール 179.2km)


アスタナは、アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)が19位デチームトップ。
ディレクトエネルジーは、ジュリアン・シモン(フランス)が4位
優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのアンドレア・バジオーリ。


ROYAL BERNARD Drome Classic(蘭語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.03.01 クールネ〜ブリュッセル〜クールネ

Kuurne-Brussel-Kuurne

27日、ベルギー北部フランデレン地域オースト=フランデレン州で開催されたワンデーレース「クールネ〜ブリュッセル〜クールネ」に、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(クールネ ~ クールネ 197km)


アスタナは、アルチョム・ザハロフ(カザフスタン)が26位デチームトップ。
ディレクトエネルジーは、アントニー・トゥルギ(フランス)が2位
優勝は、トレック・セガフレードのマス・ピーダスン。


KUURNE - BRUSSEL - KUURNE(蘭語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.02.28 フォーン=アルデシュ・クラシック

FAUN ARDECHE CLASSIC

27日、フランス、アルデシュ県で開催されたワンデーレース「フォーン=アルデシュ・クラシック」に、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。
(ギレルナール=グランジュ ~ ギレルナール=グランジュ 171.3km)


アスタナは、アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)が6位。ヨン・イザギレ(スぺイン)が17位。
ディレクトエネルジーは、ジュリアン・シモン(フランス)が31位。
優勝は、グルパマFDJのダヴィド・ゴデュ。


FAUN-ARDÈCHE CLASSIC(仏語)

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.02.28 オンループ・ヘットニュースブラッド

OMLOOP

27日、フランダースクラシックが主催する6レースのひとつにしてクラシックレースの開幕戦、ワールドツアー第2戦となるワンデーレース「フォーン=アルデシュ・クラシック」がベルギーのフランドル地方で開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。(ヘント ~ ニノーヴェ 200km)


アスタナは、アレクサンデル・アランブル(スペイン)が6位
ディレクトエネルジーは、アントニー・テュルジス(フランス)が15位。
優勝は、ドゥクーニンク・クイックステップのダヴィデ・バッレリーニ。


OMLOOP Het Nieuwsblad(英語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.02.28 UAE ツアー

UAE TOUR

1月のツアー・ダウンアンダー中止により、今季のワールドツアー開幕戦となった「UAE ツアー」がアラブ首長国連邦で、21日~27日に開催され、アスタナ・プレミアテック参戦しました。


第1ステージ(アル・ダフラ城 ~ アル・ミルファ 176km)、チームトップは、58位のステファン・ドゥボット(南アフリカ)。他は…。


第2ステージ(アル・フダリアット島 ~ アル・フダリアット島 13km 個人TT)、ルイス・レオンサンチェス(スペイン)が5位ステファン・ドゥボット8位、マッテオ・ソブレロ(イタリア)が14位とまずまずの結果に。


第3ステージ(ストラタ・マニュファクチャリング ~ ジェベル・ハフィート 166km)、チームトップは、27位のルイス・レオンサンチェス。サムエーレ・バッティステッラ(イタリア)が28位、ステファン・ドゥボットが32位。


第4ステージ(アル・マージャン島 ~ アル・マージャン島 204km)、チームトップは、27位のエフゲニー・ギディッチ(カザフスタン)。ステファン・ドゥボットが29位。


第5ステージ(フジャイラ国際マリンクラブ ~ ジェベル・ジャイス 170km)、チームトップは、激走を見せたものの残念ながら逃げ切れなかったアレクセイ・ルチェンコ(カザフスタン)が11位に。


第6ステージ(デイラ島 ~ パーム・ジュメイラ 165km)、チームトップは、エフゲニー・ギディッチの14位。ルツェンコが51位、ステファン・ドゥボットが52位。


最終第7ステージ(ヤス・モール ~ アブダビ・ブレークウォーター 147km)、チームトップは、エフゲニー・ギディッチの10位。他は…x。
総合優勝は、UAEチームエミレーツのタデイ・ポガチャル(スロベニア)
アスタナは、まだ本調子じゃないかな…


UAE TOUR(英語) シクロワイアード.jp ASTANA PREMIER TECH(英語)

2021.02.22 ツール・デ・ザルプ=マリティーム・エ・デュ・ヴァール

Tour de Alpes

19日から21日の3日間、フランス南東部のヴァル地方を舞台にするステージレース「ツール・デ・ザルプ=マリティーム・エ・デュ・ヴァール」が開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。


第1ステージ(ビオット ~ グルドン 186.8km)、アスタナのチームトップは、12位のヤコブ・フルサン(デンマーク)。ゴルカ・イサギレ(スペイン)が19位。
ディレクトエネルジーは、ピエール・ラトゥールの37位が最上位。


第2ステージ(ファイエンス ~ ファイエンス 177.4km)、ディレクトエネルジーのアレクシス・ヴュイエルモーズ(フランス)が2位に。
しかし、終盤の落車で、ピエール・ラトゥール(フランス)とクリスチャン・ロドリゲス(スペイン)がリタイアに。
アスタナのチームトップは、15位のフルサン。第1ステージで21だったハロルド・テハダが22位。
アスタナのユーゴ・ウルが敢闘賞を受賞。


最終の第3ステージ(ブロサスク ~ ブロサスク 134.7km)、アスタナのチームトップは、6位フルサン。ゴルカが11位。
ディレクトエネルジーは、アレクシスが17位に。


結果、フルサンが個人総合8位。

フルサン、おしい…残念。


Tour des Alpes Maritimes et du Var(仏語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.02.16 クラシカ・デ・アルメリア

ALMERIA

14日、スペイン南部の湾岸都市アルメリアでUCIプロシリーズのワンデーレース「クラシカ・デ・アルメリア」が開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。


結果は、
アスタナは、エフゲニー・ギディッチ(カザフスタン)が32位。現スペイン王者のルイスレオン・サンチェス(スペイン)は、41位と残念な結果に…。
ディレクトエネルジーは、ロレンゾ・マンザン(フランス)が13位。


Clasica de Almeria(西語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.02.15 ツール・ド・ラ・プロヴァンス

Tour de la PROVENCE

UCIプロシリーズ「ツール・ド・ラ・プロバンス」が、南フランスのプロバンス地方を舞台に11日から14日の4日間開催され、アスタナ、ディレクトエネルジー、両チームが参戦しました。


結果は、
アスタナは、アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)が、首位と58秒差で総合10位
ディレクトエネルジーは、アレクシー・ヴュイエルモーズ(フランス)が総合28位。


Tour de la Provence(仏語) シクロワイアード.jp

space

ASTANA PREMIER TECH(英語) Team Total Direct Energie(仏語)

2021.02.05 トタル・ディレクトエネルジー ツール・ド・フランス 2021 出場決定

FRANCE

ツール・ド・フランス主催者ASO(アモリ・スポル・オルガニザシオン)が、2021年大会の主催者推薦(ワイルドカード)枠のUCIプロチームを発表し、トタル・ディレクトエネルジーの参戦が決定しました。


これで、今年もアスタナ、ディレクトエネルジー、両チームの出場が決まりました。
予定通りに開催されれば、6月26日(土)~7月18日(日)。


Team Total Direct Energie(仏語)

space

シクロワイアード.jp サイクリスト サンスポ.jp

2021.01.26 クラシカ・コムニタト・バレンシアナ:ディレクトエネルジー優勝!

CLASSICA

24日にスペインのバレンシアで開催されたヨーロッパでのUCIレースの開幕戦「クラシカ・コムニタト・バレンシアナ1969/GPバレンシア 2021」で、トタル・ディレクトエネルジーのロレンゾ・マンザン(フランス)が優勝しました。


クラシカ・コムニタト・バレンシアナ1969/GPバレンシア 2021
(ラ・ヌシア ~ バレンシア 150km)


➤ YouTube | CLÀSSICA COMUNITAT VALENCIANA


昨シーズン、トタル・ディレクトエネルジーに移籍早々のアフリカでの開幕レース「ラ・トロピカル・アミッサ・ボンゴ」でのステージ優勝以来の久々の勝利。

WINNER WINNER WINNER
space

Clàssica Comunitat Valenciana 1969 - Gran premi València(英語)

space

Team Total Direct Energie(仏語) シクロワイアード.jp サイクルスポーツ.jp

2021.01.22 アスタナ & ディレクトエネルジー FILANTE SLR チーム・エディション発表

ASTANA

今シーズン、ウィリエールがアスタナとディレクトエネルジーに供給する「FIRENTE SLR」を発表しました。


➤ YouTube | Wilier Triestina | Racing Season 2021


アスタナ・プレミアテック カラーとトタル・ディレクトエネルジー カラー。
それとアスタナのアレクセイ・ルツェンコのためのカザフスタンチャンピオンカラー、同じくアスタナのルイスレオン・サンチェスのためのスペインチャンピオンカラーの4つのカラーモデル。


チーム&選手用のカラーを施したスペシャルなペイントを施したチーム・エディション。
チームバイクですが、一般の方もご購入いただけます。
当店で予約注文受付中です!期間限定の完全受注生産のため来月28日受付締切りです。

DIRECT ENERGIE KAZ ESP
space

FILANTE SLR チーム・エディション 予約受付中

space

シクロワイアード.jp

2021.01.18 アスタナ・プレミアテック 2021 チームプレゼンテーション開催

アスタナ・プレミアテックspace

1月17日に「ASTANA - PREMIER TECH」が、オンラインで2021年シーズンのチームプレゼンテーションを開催しました。


➤ YouTube | Team presentation Astana - Premier Tech 2021


ASTANA PREMIER TECH(英語)

space

シクロワイアード.jp:チームプレゼン開催 シクロワイアード.jp:選手インタビュー

2021.01.14 アスタナ・プレミアテック 2021 チーム・ウェア発表

ASTANA

カナダ企業の「PREMIER TECH」を共同パートナーに加え、チーム名を「ASTANA - PREMIER TECH」したアスタナが、2021年シーズンのチームウェアを発表しました。


➤ YouTube | Astana – Premier Tech 2021 Team Kit


昨年までのカザフスタンの国旗をイメージした水色に黄色の配色から、水色ベースに菱形格子状の黒のグラデーションを配したデザインに変更されました。


ASTANA PREMIER TECH(英語) シクロワイアード.jp

2020.11.28 アスタナ・プレミアテック 2021年シーズン登録選手発表

ASTANA

2021シーズンからチーム名が変更される「アスタナ・プレミアテック」の登録選手が発表されました。
今年のツール・ド・フランス第6ステージでキャリア初のツール区間優勝を遂げたアレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)は、契約更新。今季3勝を挙げながらも何故か移籍が噂されていたアレクサンドル・ウラソフ(ロシア)も残留決定。
移籍したのは、ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア)だけか…


■ASTANA PREMIER TECH アスタナ・プレミアテック 2021年 登録選手

 Alex Aranburu アレクサンデル・アランブル(スペイン)
 Samuele Battistella サムエーレ・バティステッラ(イタリア)← NTTプロサイクリング
 Manuele Boaro マヌエーレ・ボアーロ(イタリア)
 Gleb Brussenkiy グレブ・ブルッセンスキー(カザフスタン)← ヴィノ・アスタナモータース
 Stefan De Bod ステファン・デボッド(南アフリカ)← NTTプロサイクリング
 Rodrigo Contreras ロドリゴ・コントレラス(コロンビア)
 Yevgeniy Fedorov イェフゲニー・フェドロフ(カザフスタン)← ヴィノ・アスタナモータース
 Fabio Felline ファビオ・フェリーネ(イタリア)
 Omar Fraile オマール・フライレ(スペイン)
 Jakob Fuglsang ヤコブ・フルサン(デンマーク)
 Yevgeniy Gidich エフゲニー・ギディッチ(カザフスタン)
 Jonas Gregaard ヨナス・グレゴー(カナダ)
 Dmitriy Gruzdev ドミトリー・グルズデフ(カザフスタン)
 Hugo Houle ユーゴ・ウル(カナダ)
 Gorka Izagirre ゴルカ・イサギレ(スペイン)
 Ion Izagirre ヨン・イサギレ(スペイン)
 Merhawi Kudus メルハウィ・クドゥス(エリトリア)
 Alexey Lutsenko アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
 Davide Martinelli ダヴィデ・マルティネッリ(イタリア)
 Yuriy Natarov ユーリ・ナタロフ(カザフスタン)
 Benjamin Perry ベンジャミン・ペリー(カナダ)← イスラエル・サイクリングアカデミー
 Andrea Piccolo アンドレア・ピッコロ(イタリア)← チームコルパック
 Vadim Pronskiy ワジム・プロンスキー(カザフスタン)
 Oscar Rodriguez オスカル・ロドリゲス(スペイン)
 Javier Romo ハビエル・ロモ(スペイン)← 新加入
 Luis Leon Sánchez ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
 Matteo Sobrero マッテオ・ソブレロ(イタリア)← NTTプロサイクリング
 Nikita Stalnov ニキータ・スタルノフ(カザフスタン)
 Harold Tejada アロルド・テハダ(南アフリカ)
 Aleksandr Vlasov アレクサンドル・ウラソフ(ロシア)
 Artyom Zakharov アルチョム・ザハロフ(カザフスタン)

ASTANA Pro Team:NEWS(英語) シクロワイアード.jp

2020.11.18 アスタナ・プロチームがチーム名変更

ASTANA

アスタナのチームジャージの胸に大きくロゴが掲出されているカナダ企業の「PREMIER TECH」が、チームスポンサーから共同パートナー(第2タイトルスポンサー)に昇格し、チーム名称が2021年1月1日から「ASTANA - PREMIER TECH」に変更されることになりました。


国によって発音が違うようだけど、日本ではアスタナ・プレミアテックで良いのかな?


ASTANA Pro Team:NEWS(英語)

space

シクロワイアード.jp サイクルスポーツ.jp PREMIER TECH(英語)

スペース